五節 忠誠と野心23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この牢獄に入れられた時、私たちは、バロンの者に大きな憎しみを抱いたのです……おそらくは
残された民も同じ心境でしたでしょう……」
その推論は正解であった。この魔導士の知るところではないが、セシルが再来した時に住民は大きく迫害
する事となった。
「そして、バロンの者達が私たちと一緒に投獄された時、私たちは酷く嫌悪しました。傷つけられたもの
も中にはいました。その者が獄中で苦しみ、中には異を唱え、そのまま処刑されてしまう者もいました。
そんな者達を見ていく内に私たちは、彼とて苦しんでいると……そう思ったのです。だから、者達を治癒し
ていきました。彼らとて、同じ人でした……」
一旦言葉を切る。そして、隣の黒魔導士が続ける。
「思えば、俺たちは最初、相手と話す事すらしなかった。ただ、憎しみが増大するだけ……ですが、
それではいけなかったのです、例えどんな相手であろうと必ず、何処かに事情を秘めている。それを理解せねば
ならなかったのです」
「かつて……テラ様が言った事でした。来る者は拒まず。私達はそれを忘れていたのだ!」
「そうか……だが……」
テラは口ごもる。それは……ミシディアに伝わる格言であった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。