メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


モシンナガンM1891

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロシア帝国時代に開発されたボルトアクション式小銃
ロシア帝国軍の制式小銃として1891年に採用されて以来長く使用され、
1930年に近代化が施されたM1891/30が登場している。

第二次世界対戦後は突撃銃の普及により、
主力武器の座をシモノフSKSAK47に譲るものの
その高い威力と高い命中制度を生かして狙撃銃として利用され、
ドラグノフ(SVD)が後継になるまで第一線で使用され続けた

我が特殊部隊は二挺保有しているが、実戦で使用した事は無い
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|