メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


突撃銃

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小口径のカービン弾を連射可能な
小銃と短機関銃の中間に位置する銃。
ただし、現在では自動小銃が小口径弾を使用することが多くなり
実質的にほぼ同じものになってしまったため
「突撃銃」という言葉が
「自動小銃」と同じ意味で使われることも多い。

世界初の突撃銃"MP43"(後のStG44)が
1943年にドイツ軍に採用され
旧来のボルトアクションライフルや
セミオート射撃しかできない自動小銃を装備していた時に比べ
歩兵の戦闘力が大幅に向上した。
MP43は戦後の歩兵装備に多大な影響を与え
各国が同様の銃を開発採用した
特にアメリカのM16ロシアのAK47が有名である
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|