メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


M1エイブラムス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M1エイブラムスは、M60パットンの後継として1970年代に西ドイツと共同開発を進めていたMBT-70計画の頓挫により、新たにアメリカ単独で開発し、1980年に制式採用された戦後第3世代主力戦車である。
主に、アメリカ陸軍及びアメリカ海兵隊が採用した。

特徴として、当時主流であったディーゼルエンジンではなく、ガスタービンエンジンを採用している点が挙げられる。
燃料はディーゼル燃料ではなく航空機用ジェットエンジンと同じJP-8を使用している。

また、当時としては最先端機器を用いた高度な射撃管制装置(FCS)を採用した事で、高い命中率を誇る。
主砲は西側第2世代主力戦車の標準装備と言える51口径105mmライフル砲M68A1を採用した。

M1エイブラムスは従来のアメリカ戦車と同様に発展余裕に富んだ設計で、制式化後も度重なる改良が施された事も特筆すべき点である。
現在では44口径120mm滑腔砲M256を搭載したM1A1や、第3・5世代主力戦車に分類されるM1A2が運用されている。

湾岸戦争やイラク戦争といった実戦を経験し、現在では世界最高水準の戦車であると世界的に評価されている。

我が部隊には接収・鹵獲されたものを含め20台配備されている。

余談だがとあるTVゲームでは手榴弾を投げ込まれて破壊されている

その重量とガスタービンエンジンのため極めて燃費が悪く、高温排気が真後ろに噴出するため市街戦などで歩兵が戦車の後ろに隠れていることが出来ない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|