メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


Mi-24

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mi-24は、ソ連のミル設計局で開発された戦闘ヘリコプターである。
1978年以来、ソビエト連邦国内で約2000機が製造され、30ヶ国以上に約600機が輸出された。ソ連のパイロット達の愛称は「クロコダイル」であった。
北大西洋条約機構(NATO)の命名したNATOコードネームは「Hind(雌アカシカの意)」。

Mi-24は、汎用ヘリコプターであるMi-8を原型として開発された、ソビエト初の攻撃ヘリコプターである。この種の「攻撃ヘリコプター」としては異例の大型機であるが、これは強力な武装で地上を制圧しつつ搭乗させた歩兵部隊を展開してヘリボーン任務を行うことを想定して開発されたためで、歩兵戦闘車のヘリコプター版ともいえるコンセプトである。しかし、戦闘と輸送という二つの役割を一機に担わせる設計は、結果的に悪い折衷になってしまったことから、後継機であるMi-28やKa-50は、より対地攻撃に特化したものとなった。

わが特殊部隊においては十数機のMi-24を保有しており、多数の部隊員に好まれているため様々な作戦で使われる。また、個人でこのMi-24を保有している者もいる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|