メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


オートリボルバー マテバ セイ ウニカ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マテバ 6 ウニカ
製造:イタリア・マテバ社
銃身長:152mm
ライフリング:6条/右回り
使用弾薬:.357マグナム弾。装弾数は6発
もしくは38スペシャル弾。
作動:ダブルアクション
全長275mm・重量は1350g
銃口初速:548.64 m/s(1800 ft/s)

軍医・サクヤ・コノハナの愛銃である。
1997年にマテバ社が開発した半自動回転式拳銃。別名オートリボルバー。
バレルがシリンダーの一番下にあり、更にオートマチックの機構を備えた世にも珍しいリボルバーである。
初弾は通常のダブルアクションリボルバーと同じくダブルアクションで発射するが、その発射の反動でバレルからシリンダーまでが1.5cmほど後退することによりオートマチックのようにハンマーがコッキングされシリンダーが回転する仕組みになっており、次弾からはシングルアクションで発射できる。
これにより、リボルバーの信頼性をそのままに、トリガープルを軽くすることで連射時の命中精度を上げることができる。
 ただ、いくらオートの性質を兼ね備えているとは言え、シリンダーには何の仕掛けもないため装弾数6発という制約から逃れることはできない。

なお.357マグナムを使用するリボルバーは.38スペシャルも撃てるのが当たり前だが、この銃に限っては.38スペシャルではスライドの後退に必要な反動が得られないため、.38スペシャル用の弱いリコイルスプリングに交換するか一発一発ダブルアクションで撃つ必要がある。
軍医は後者を選択しているようだ。

余談ではあるが、モデル名の「6Unica」。
イタリア語で6はセイと発音し、Seiは「You」、Unicaは「Only-one」
…つまりは「あなただけのもの」といった意味になる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|