メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


輸送改革会議

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輸送改革会議

正式名称:シベリア特殊部隊輸送中隊 輸送改革会議
発案者:秋吉はくと(西シベリア鉄道部 部長)
メンバー:ロシャーナ大佐・アルカディ伍長
概要(Skypeより):
ええと、ご周知の通り、数カ月前に「鉄道輸送小隊」が設置されました。
しかし、他線区との関係や、シベリアにおける位置づけが曖昧なままでした。
そこで今回、「輸送改革会議」と称して、西シベリア近辺の鉄道に関する詳細を決定しようということになりました。
また同時に、こちらも放置されていたSSFの飛行場周辺の航空路やSID・STARの設定も進めていきます。
概要としては、こんなところです。

現在の状況


概念図

西シベリア駅構内図

線区概要

西シベリア駅からツンドラ方面へ向かう「北シベリア線」
途中駅より東に特殊部隊引込線が分離し、第一区域に向かう。

閉塞方式

  • シベリア本線:複線自動閉そく式(西駅以西は単線自動閉そく式)
  • 北シベリア線:(単線自動閉そく式 or 特殊自動閉そく式)
  • 北シベリア線(分岐以北):通票閉そく式
  • 特殊部隊引込線:複線自動閉そく式

保安方式

  • シベリア本線:ATS-Sx(西シベリアまで拠点P併設)
  • 北シベリア線:ATS-Sx(分岐まで拠点P併設)
  • 特殊部隊引込線:ATS-Ps(拠点P併設)

電化方式

  • シベリア本線:直流1500V(西シベリアまで)
  • 北シベリア線:直流1500V(分岐まで)
  • 特殊部隊引込線:交流20000V


関連ページ

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|