メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


紅条・蒼迅

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

震電・紫電の後継形。

前作は強度が弱く、防がれると折れることもあった、
さらには敵対組織に弱点が解明され、
本刀を装備する部隊は苦戦を強いられることとなった。

その苦い状況を打破するために研究を重ね開発されたのが本刀である。
成分の影響により赤、青に染まったその刀身は
そう簡単に折れることはなくなった。

影武者に持たせた場合、刀身の色によりバレにくくなる二次的な利点がある。

二刀流はオワコンとの考え方が広まっているため生産中止が議論されている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|