メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


シベリア沿岸不審船事件

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2011年7月2日の晩にシベリア沿岸のオホーツク海で発見された国籍不明の不審船を特殊部隊が追撃した事件。


以下はミハエル少佐による報告である。


報告書
2206 不審船を捕捉、監視の為出撃命令が発令
2236不審船を捕捉、この時不審船が巡視艇に攻撃を加えていたことから敵と認定、
2252不審船から歩兵用の対空ミサイルと思われる攻撃、この時我が方の戦闘機一機が小破
2258ロケット弾、機関砲などにより攻撃を開始
2307不審船が波に煽られ転覆
2315不審船が自爆


2321 国籍不明の戦闘機(MIG-21タイプ)発見、警告を実施
0018 警告に従う様子が無いので威嚇射撃を実施
0032 離脱を確認


不審船の乗組員は全員死亡、不審船は他にも機関砲を搭載、小型船、中型航空機であれば破壊は可能だった事と推測
国籍不明機は時間からして不審船の捜索や監視、又は我が方への威嚇として飛来したと思われます
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|