メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


OC-14 Groza


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「グローザ」(ロシア語で雷の意)OC-14突撃銃/グレネードランチャーはTOZ(ツーラ兵器工場)によって製造された。この銃の初期の開発目的は、ロシア内務省軍(Spets Naz)のための突撃銃/グレネードランチャーとしての設計であった。そして、次のようなの構成への速い時期での内部転換バリエーションが幾つか開発された。攻撃カービン銃(短バレル)、突撃銃(より長いバレルとポストタイプ前面ハンドル)サイレンサー設置型突撃銃、突撃銃/擲弾筒(この転換においては、トリガーガードとトリガー類による一般的な射撃管制メカニズムは取り外される。そして、新しいトリガー類による40mmの擲弾筒が設置される。両バレルの為に起こさせる新しい引き金(セレクターレバーによって選択可能)によって、 7.62mm弾薬とのハイブリッドを特殊アイデアによって実現させている。尚、暗視照準も当然搭載可能。
特殊部隊の武器庫にあったのは9mm型のようだ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|