メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


金剛戦杖

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武器開発科による次期制式刀開発計画によって
作成された最新鋭の刀のうちの一つ。


「刀は人を殺す杖」とする流派の人物から助言を得て作られた。

突きに特化しており、通常の日本刀と比べ反りが少ない。
長さは通常の刀より少し長く、普通の刀と同じ感覚で使うと、
後述の特徴をうまく生かせない。

与える傷は刃の腹の部分より刃の先端の方が格段に大きく、
日本刀の本懐ともいえる斬撃を主とするには、
「素通りさせるように、しかし浅すぎず、確実に掠め取る」様に
斬り付ける戦法を身に付ける必要があり、計画の主旨とされる
「扱いやすい汎用性に優れた刀」から逸脱しているとされる。

しかしこの剣と戦法を極めた者が放つ
「左片手一本平刺突き *1 」の威力は絶大。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|