メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


マカロフ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 マカロフまたはPM(Pistolet Makarova)マカロフ式拳銃は1952年に開発され、
ソビエト軍がトカレフに代わる制式拳銃として新たに採用された小型拳銃である
大型で威力の高いトカレフの反省からかマカロフはワルサー PPに似て
携帯性に優れてとても取り回しが良い拳銃として高い評価を得ている

 

これはソビエト軍が戦場での拳銃の必要性を見直し、拳銃を主力火器としてではなく
あくまで副次的な装備として考え始めた為だと云われている。

 

 1994年に登場したPMM(Pistolet MakarovaModernizirovannyi:)
マカロフ式拳銃改良型はPMの改良版でボディアーマーなどの普及により
9mmPM弾の威力不足が露呈したことから新型強装弾である9mmPMM弾を
使用するコンセプトで開発され同時にリアサイトの大型化とグリップ形状の変更、
そして安全装置の追加など様々な近代的改修が施されている。
(PMM-12はPMMの装弾数を12発に増やした物である。)

 

 こうして優れた小型拳銃として広まったマカロフは、
現在でもソビエト・中国を始めとした東側諸国で大量に生産され今も現役である。
しかし、現在ロシア軍ではPMは制式拳銃ではなく、日本にも多数が流れてきており、
統計年度によってはトカレフを上回る押収量となっている。

 

シベリア特殊部隊では制式装備としてPMM-12が多数運用されていたが、ついに保管兵器となった。
戦利品としてもかなりの数が回収、保管されている。

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|