メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


三八式歩兵用小銃

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

明治38年に東京砲兵工廠によって作られた物を受領し使用している。

日清戦争で主に使用された村田経芳十三年式・十八年式村田単発銃に代わる、有坂成章開発の近代的な国産連発式小銃である三十年式歩兵銃は、1904年(明治37年)から翌1905年にかけて行われた日露戦争において帝国陸軍の主力小銃として使用された。三十年式歩兵銃自体は当時世界水準の小銃であったが、満州軍中国大陸戦場で使用してみると、同地が設計時に想定した以上の厳しい気候風土であったことから不具合が頻発した。このため、有坂の部下として三十年式歩兵銃の開発にも携わっていた南部麒次郎が中心となり本銃の開発が始まった。あくまで三十年式歩兵銃をベースとする改良であったため、銃自体の主な変更点は機関部の部品点数削減による合理化のみであり、また防塵用の遊底被(遊底覆、ダストカバー)の付加や弾頭の尖頭化(三十年式実包から三八式実包へ使用弾薬の変更)を行った(詳細)。

なお2012年現在配備開始から実に105年経っており現在配備されているのは一般型は歩兵訓練中隊と予備兵再教育小隊に、精度の優秀な個体は予備狙撃中隊にのみ少数配備されている。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|