メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


M-84A4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クロアチアで開発されたM-84AおよびM-84ABの発展型。
旧ソ連製T-72戦車のアップグレード型

たんにM-84A4とも呼ばれる。SCS-84昼夜間ガンサイト、DBR-84弾道計算機、新しい俯仰・旋回装置を搭載する。

一撃必中の射撃能力を求めた改良型で、スロヴェニアのフォトナ社が新たに開発したFCSオメガ84が搭載されている。
FCSオメガ84はDNZC-2車長用昼/夜間サイト、SCS-84安定化砲手用サイト、DBR-84弾道コンピューター、LIRDレーザー警報システム、アガヴァ2温度サイト、TShU-1-7シュトーラ1防御システムなどから構成されている。
独自に車長用サイトが追加され、オーバーライド機能を持っている。

またM-84A4戦車にはドイツ製のディーゼル・エンジンが採用されており、過給器のアップグレードで1,100hpを上回る出力で機動性能が向上している。

この部隊のモデルはむしろクロアチア陸軍に採用が見送られたM-95に近い部分があって砲塔は新設計ではないが、複合装甲を備えた本国仕様の砲塔後部に追加されたバスルが張り出していてそこに主砲用弾倉と自動装填装置が収められており、その上面にブローオフパネルを備える。ハロン1301消火爆発抑制システムを備え、生存性の向上が図られている。

車体と砲塔には爆発反応装甲のコンタークト5の装着が可能で、
西側戦車の120mm砲から発射される成形炸薬弾とAPFSDSのような運動エネルギー弾頭に対しても防御効果を発揮する。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|