メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


RPK

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アサルトライフルであるAKMを発展させた軽機関銃である。

銃身長が通常のAKMより長く、またフルオート連射により銃身が加熱し反ることによる命中率の低下を防ぐためと、フルオート連射時の反動を抑えやすくするために肉厚の銃身を装備している。

また、銃口部下方にプレス加工による軽量の折りたたみ式二脚を追加してある。これに伴い、銃床は伏射時に左手を添えて肩付保持するのに適した大型のものに変更された。
AKと共通の30発弾倉の他、それを長くした40発の弾倉、75発のドラム型弾倉などが開発され、供給された。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|