メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


SN-42

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソビエト軍が大祖国戦争で使用していたボディアーマーである。

体の前面の胴と鼠径部を保護する二枚のプレス加工された厚さは2mmの鋼板で出来ていて重さは3.5kgである。
その形から「鋼のよだれ掛け」と渾名されていた。

防御力はドイツ軍が使用するMP40の9mmパラベラム弾が100m程度の距離で貫通しないレベルである。 スターリングラードの市街地戦闘ではドイツ兵の短機関銃相手に役立ったといわれる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|