メニュー



タグクラウド


リンク





ここを編集

更新履歴

取得中です。


フェイファー・ツェリザカ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 色物銃ばかり作ることで知られているフェイファーアームズが開発した、.600NE弾を使用するハンティング用のシングルアクション式リボルバー。
 .600NE弾は元々二連銃に使用されていた象撃ち用のライフル弾で、その後安価で高速な.458Win.Mag.に取って代わられている。そんな弾薬を使用するツェリザカは地上最強の拳銃との呼び声も高いが、全長55cm・重量6kgのリボルバーはもはや拳銃と言えるかどうかすら疑わしい。ただ、その重量のおかげで撃った時の反動は抑えられ、熟練者でなくとも扱うことが出来るらしい。
 象撃ちライフルに比べればバレルが短いため.600NE弾の性能を最大限に引き出すことはできないが、それでもマズルエネルギーは約4600ft-lbsとなり、.500S&W弾を遥かに凌ぐ威力を持っている。
 ハンドメイド品であるため値段は13,840ユーロ(日本円にしておよそ200万円)と、こちらも拳銃としては地上最高である。
なお、当部隊ではドラキュラ・ローレント・ツェペシュ3世
が予備の武器として使用していたが、今は倉庫においてある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|