朝日新聞の「主筆」復活 30年ぶり


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝日新聞の「主筆」が30年ぶりに復活したそうな。
主筆とは出版社においては編集責任者、編集長を、また新聞社においては、編集、論説の総責任者を指す。

30年ぶりに主筆を復活させるのは紙面の質の維持・向上を目指すため」だそうで、その責任ある主筆に起用されたのは朝日新聞を代表する国際派ジャーナリスト船橋洋一さん。

朝日新聞の主筆30年ぶりに復活 詳細は⇒船橋洋一を見てみよう。