紅蓮|銀氷|雷電疾風蛮力外法技芸精霊御魂魔人禍津

銀氷属
名前 解説
ガキ 仏教世界に伝わる飢えた醜悪な鬼。
生前に強欲であった人間たちが、
餓鬼道に堕ちてなった姿である。
彼らの飢えは決して満たされず、
その苦しみを次の輪廻転生まで
受け続ける。
チョウケシン 人間が死後になるといわれる蝶の妖怪。
この世と黄泉の国を行き来していると
伝えられる。
大群で行動することが多いとされ、
これに襲われると命を落とすという。
ジャックフロスト イングランドに伝わる冬と霜の妖精。
普段は邪気の無い存在だが、
怒らせると相手を氷漬けにして
殺してしまう恐ろしい一面も持つ。
アズミ 日本に渡来した南方系海洋民族の
安曇族の女神であり、
水を操る能力をもっているとされる。
黄泉の国から戻ったイザナギが、
体を清めた時に生まれたワタツミの三神を
祖とするとされる。
パピルサグ バビロニアのサソリ獣人。
知性に優れた美しい聖獣として
人々に崇められた。
世界の果てにあるマーシュ山の
太陽が出入りする門にいて、
この世と暗黒世界の境を警護している。
ジュボッコ 多くの死者を出した戦場や処刑場に
生えるという悪しき妖樹。
通りかかる人間を枝で捕まえると
血を吸い取り、殺してしまう。
アルラウネ 美しい女の姿をした呪いの精霊。
絞首刑に処された男が血を落とすと、
そこから生まれるという。
もともとはゲルマン神話に登場する
悪しき女性霊で、その名には
「秘密に通じる」という意味がある。
ブラックウーズ 人を襲い、その血肉を食らう、
アメーバ様の不定形な怪物。
その正体は実体化し損ねた悪魔で、
マグネタイトを求めてはいかいする。
オオクニヌシ 農耕や医療の力を司る。
日本神話の国津神。
スサノオの課した難事に打ち克ち、
その娘スセリヒメと出雲に国を
築いたと言われる。
ライホーくん ジャックフロストが、
風間刑事から譲り受けた無頼漢の証と
合体して誕生した突然変異態。
クールなボディにホットなハートを
兼ね備えた彼(?)の野望は、
十五代目葛葉ライホー襲名…らしい。
ナーガラジャ インド神話の半人半蛇の神ナーガ族の王。
特に強大な力を持つナーガが
この名で呼び分けられる。
八大龍王として知られるナンダ、
タクシャカらもこのナーガラジャに属する。
セイリュウ 道教で、東方を守護するとされる聖獣。
玄武・朱雀・白虎らとともに
四神信仰の一柱となっている。
風水においては、
東側に流水を置くと青龍の力を導き、
吉相になるといわれる。
タラスク フランス中部にあるローヌ河に
住んでいたとされる邪龍。
6本の足を持ち、巨大な口と長い牙で
人間をひと呑みにしたという。
オオヤマツミ 日本神話に登場する国津神のひとり。
スサノオの妻クシナダヒメの祖父である。
山の神として知られるが、
水源や田の実りも支配したことから
水の神、田の神ともされた。
バジリスク アフリカ北部に住むといわれる邪龍。
有翼で、王冠状の鶏冠を持つ。
その名は「蛇の王」という意味である。
吐く息と視線には猛烈な毒があり、
人間や動物をたちどころに殺害すると
いわれている。
アラハバキ 古代日本における主神の1柱。
その姿は遮光器土偶に象られ、表される。
天皇家への逆賊の象徴として、
長らく信奉が弾圧されてきた。
ヤマタノオロチ 古事記に登場する、
八つの頭と八つの尾を持つ大蛇。
スサノオによって倒された。
このとき身体からでてきた剣が天叢雲の剣、
後の草薙の剣である。
アリオク イスラエルの堕天使で復讐の魔神。
その名は「どうもうな獅子」を意味する。
まだ神に従う天使であったときには、
聖人エノクの守護天使を
務めていたといわれる。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー