紅蓮銀氷|雷電|疾風蛮力外法技芸精霊御魂魔人禍津

雷電属
名前 解説
コロポックル アイヌ伝承の小さな人の姿をした妖怪。
「フキの下に住む人」とされ、
善良で大人しい性格といわれる。
かつてはアイヌの人々と共存していたが、
ある時、仲違いをしたから
その姿を消したと伝えられている。
アガシオン ユダヤ系の魔術師に使役される、
実体のない使い魔の総称。
ツボや瓶の中に封じられている。
魔術師の命じられるままに
対象の人物を苛むという。
マカミ 日本の民間で祭られるオオカミ神。
盗難や農作物の獣害で、
火難を退ける力があるとされる。
その姿が描かれた神札を戸口に貼ったり
畑に立てることで、霊験が得られるという。
ライジュウ 日本の民話などに伝えられる、
雷と共に地上へ落ちてくるという怪動物。
普段は雷雲の中を走り回っており、
落雷に乗って地上へ降りるという。
ツチグモ 葛城山に住んでいたという、
巨大なクモの姿の荒ぶる神。
本来は朝廷に打ち滅ぼされた
穴居していた土着の民であったといわれる。
ナンディ インド神話の聖なる牡牛。
破壊神シヴァの乗り物となる従者で、
獣たちの守護者とされる。
主人シヴァが舞踊王ナタラージャとして
破壊と再生の踊りを舞う際、
そのための音楽を奏でるという。
オボログルマ 車輪で動く車に人の怨念が乗り移り、
変化した妖怪。
平安時代には、牛車の場所の取り合いに
よって亡くなった女の怨念が、
牛車に乗り移って成ったものが知られた。
ヌエ 日本の伝承に出てくる怪物。
猿の頭に虎の手足を持ち、
尾は蛇だとされる。
平家物語によれば、
毎晩の丑三つ刻に黒雲に隠れて
天皇の御所を襲ったという。
パールヴァティ インド神話におけるシヴァの妃の一者。
その姿は非常に美しく、
あらゆる美の象徴ともいわれる。
常にシヴァの傍らにあり、シヴァの
第三の眼を開かせる一助を担った。
ミシャグジさま 大和政権の勢力が入る以前から、
信濃地方で信仰されていたとされる
土着の神。
石や岩に神霊が宿るとする、
古代の信仰形態から生まれた神だと
言われている。
オオミツヌ 出雲国風土記に伝わる国引の巨人。
自分の住む出雲の国を広げようと思い、
対岸にある新羅の国の余った土地に
縄を掛けて引き寄せた。
キュベレ 大地の化身である太母神。
現在のトルコにあたるプリュギア地方で
山頂に神殿が構えられ、崇拝された。
野獣を支配し、ライオンを従者とする。
後にローマでも熱烈に崇拝される
存在となった。
トール 北欧神話の雷神・豊穣神。
何処へ投げても必ず敵を砕いて
主の手へ戻る鉄槌ミョルニルを持つ。
世界の終わりラグナロクで、
世界蛇ヨルムンガンドと
相打ちになって果てるという。
バロン バリ島の森に住む偉大な神獣。
かつては凶暴な存在であったが、
人々の鎮祭によりその守護者となった。
善の象徴である彼は、悪の象徴である
鬼女ランダと決着する事の無い戦いを
永遠に続ける運命だとされる。
コウリュウ 黄龍。中国神話の尊貴なる龍神。
名の通り黄色い体をしていて、
地上に喜ばしい事が起こると現れる瑞獣。
大地・土の力を司る存在で、
青龍・白虎・玄武・朱雀の四神を
従えているという。
アスタロト 地獄の公爵といわれる美しき堕天使。
過去と未来を見通す能力を持ち、
ドラゴンを従えて現れる。
元はフェニキア、今のシリア付近の
女神アスタルテだった存在が、
ヘブライの神に貶められた姿である。
ヴィシュヌ インド神話の創造神。3主神の1柱。
宇宙の維持を司り、
ヒンドゥー教では最高神とされる。
世界の守護者である彼は、地上が危機に
陥ると、アヴァタールと呼ばれる化身で
地上に現れるという。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー