紅蓮銀氷雷電疾風蛮力|外法|技芸精霊御魂魔人禍津

外法属
名前 解説
イヌガミ 西日本に多く伝わる犬の憑依霊。
人間に取り憑き、その正気を失わせる。
人間を貶める呪法として使われることが多く、
術作法にのっとり生きた犬の命を
絶つ事によって、この霊が作り出される。
ザントマン ドイツ民間伝承の妖精。
背負った袋の中に入っている魔法の砂を
人間の目に振りかけ、眠らせる。
無理やりに眠気をこらえる人間には、
そのまぶたに座ってでも眠らせるという。
アルプ ドイツに伝わる夢魔。
さまざまな動物に化けて寝ている人の
体内に入り込み苦痛を与えるという。
多くの悪魔と同じく血を好むが、
女性や牛の乳を好むという面もある。
モコイ アボリジニに伝えられる、
人間に良く似た姿の妖怪。
ジャングルに棲み夜に活動するとされる。
人間の「影の魂」の生まれ変わりで
あるといわれ、子どもをさらって食べ、
時には人間と戦いを起こすという。
リリム ユダヤ伝承の、女性の姿をした夢魔。
睡眠している男を誘惑したり、
新生児を襲うという。
アダムを誘惑した女悪魔リリスから
生まれた存在で、母親同様に
男たちの精気を吸い取る悪魔である。
オキクムシ 縄で後ろ手に縛り上げられた女の姿をした
虫の妖怪。
無実の罪を着せられて縛り上げられた
あげくに殺されたお菊という娘の
怨念が妖怪になったとされる。
グール 墓場に現れる食人鬼。
生きた人間を襲って食べたり、
墓場から死体を盗んできて食べたりする。
動物に姿を変えられる悪魔であり、
特にハイエナを装う。
ウタイガイコツ 殺されてもなお残る怨念が、その骸骨に
憑いて成った人語を発する怪異。
洋の東西を問わずに見られる。
自らの復讐を求める骸骨で、
殺された経緯を歌などで暴露することで
殺害者に死をもたらそうとする。
ジョロウグモ 日本民間伝承の、蜘蛛の妖怪。
滝や淵などに住む水霊だといわれる。
人間の命を狙い水辺に近寄ると、
脚に糸を絡め、恐ろしい力で水の中に
引きずり込む。
ネビロス 地獄の元帥にして検察官で、
常に魔神達の様子を観察している。
また死霊や死体を操る術に長けており、
魔神の中で最も優れたネクロマンサーの
ひとりとされる。
ガシャドクロ 巨大なドクロの姿をした妖怪。
戦死したり、のたれ死んだりした人間の
霊が集まって成ったとされる。
昼間は身を隠し、夜になるとガシャガシャと
音をさせながらさまよい歩き、
人間を見ると襲いかかってくるとされる。
インキュバス ヨーロッパ各地の伝承に残る、
男性型の夢魔。
女性型のサキュバスと対をなす。
眠っている女性の夢に忍びこみ、
子を身篭らせるという。
アルケニー ギリシャ神話の蜘蛛女。
織物の名手であった娘が、女神アテナの
怒りにより変えられてしまった姿。
アテナとの織物の腕比べで、神々を
冒涜する絵柄を織り込んだことから、
蜘蛛女の姿になる呪いの魔法をうけた。
じゃあくフロスト 凶悪に成長したジャックフロスト。
悪魔としての鍛錬を怠らずに
変化した姿である。
かつて、いたずら好きな
雪の妖精であった存在が、
魔王のような強大な力を得ている。
ランダ 悪の化身であるバリ島の魔女。
巨大な魔力を持つ残虐なさつりく者で、
善なる神獣バロンの永遠の宿敵である。
何にでも化けれる変身能力を持ち、
魔術によって疫病を撒き散らしたり、
悪霊を遣わし人間を呪ったりするという。
マーラ 死の恐怖をもたらすインドの悪魔。
菩提樹の下で瞑想していたブッダを
誘惑したことで知られる。
元々は夜に人の血や精を吸う、
恐ろしい破滅の女神であったという。
リリス 旧約聖書で、アダムの最初の
妻となった女性。
後に楽園を出て夜魔と化す。
堕落と追放の経緯に関しては諸説あるが、
総じて不定の象徴として描かれる。
元来はバビロニアの地母神であった。
モト シリア・ウガリット神話の冥界の王。
死と不毛の神で、あらゆる生者に
死の権威を行使できるとされる。
豊穣神バアルをも冥界へ招き、
これを幽閉するが、女神アナトには
打ち負かされ奪還された。
ベルゼブブ その名に「蝿の王」という意味を持つ、
地獄に君臨する魔王。
彼は手下の蝿を遣い魂を運ばせ支配する。
カナンの主神バアルが
おとしめられてなった姿であるとも言う。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー