msvcrt.dll は "known DLL"、つまり、Windows が所有および構築するシステム コンポーネントになりました。
msvcrt.dll は、システム レベルのコンポーネントだけで使用されることを前提としています。
とのこと。