ポインタとはメモリアクセスの手段。
主に文字列操作、参照渡しもどき、関数呼び出しのオーバーヘッド削減、
関数テーブル、メモリの動的確保
などに使うのが一般的。
Dim pp As *Byte
これでppはByte型データを指すポインタができる。
同じように
Dim pp As *Long
でLong型を指すポインタが宣言できる。

特性

ポインタはメモリアドレスを保持するのと、指した先の値を取り出すことができる。
Dim h[100] As Byte
Dim ppp As *Byte
ppp = h
これでpppはhの先頭アドレスを指している。
ppp[0]とかppp[2]とか添字を付けることで、指した先ppp[0]ならh[0]の、ppp[2]ならh[2]の値を取り出すことができる。
また、ppp[2]=5とか、代入もできる。

参照渡しもどき

ABではByVal,ByRefで値渡し、参照渡しを切り替えることができるが、ポインタを使って参照渡しもどきを使うことができる。
値渡しでは引数(この場合pのアドレス)は変わらないが指す先の値は変えることができる。
Sub sexy(p As *Byte)
  p[0] = 0
End Sub