i++とは、あいぷらすぷらす、あいいんくりめんとと読む。
forループなどのカウンタとしてつかうことが多い。

Cでも何でも変数名は1文字2文字ではなく、もっと分かりやすく付けようという風潮ではあるが、
i++とかけばループカウンタとしての圧倒的な知名度を持っているため、これを咎めるものはいない。

なぜiなのかという疑問をもつものがいるかもしれないが、
i-nは歴史的経緯から整数値であり当初の言語がパフォーマンスの問題などからループには整数を使うことが多かったため
その名残という説がある。

多重ループではBASICではN,M...Iと付けていくことが多く
FOR N=1 TO 10
 FOR M=1 To 10
  ...
 NEXT
NEXT

Cではi,j,k...nと付けていくことが一般的である。
for(i=0;i<10;i++)
 for(j=0;j<10;j++)
  ...