回収とは動的確保したメモリを解放すること。
自己参照構造体の回収はポインターを退避させた後でメモリ解放しなければいけない。