排他制御(はいた-せいぎょ)とは、マルチタスクマルチスレッドといった、
複数のプログラムが並列動作しているときに順番待ちをさせるもの。

例えば複数のスレッドが同時に同じ変数を読み書きするとき
複数のプロセスが同じファイルを読み書きするとか、
CPUの数で並列処理を制限するとか
そういったこと。