※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その他(女性編)

その他の女性参加キャラクター。



当ページの訪問者数
合計 -
本日 - 人  昨日 -


■地獄少女

閻魔あい (えんま あい)

【現役】 【参加:第1回@コミュ~】
第1回@コミュニティでは新規キャラ2位の成績。
いっぺん支援してみる?

本作の主人公。小柄で、どこかやや古風なデザインの黒いセーラー服を着た大人しそうな長髪の少女。地獄通信にアクセスした依頼人の怨みの感情に共鳴すると、黒地に菊の花をあしらった振袖を「変身」するが如く瞬時に着て「地獄少女」となり、依頼を忠実に遂行する。遣い者の三藁からは「お嬢」と呼ばれている。基本的には朴念仁で常に冷静沈着だが、稀に感情を顕わにすることもある。
普段は祖母と2人で、周囲にほかの家がない夕暮れにつつまれた里に住んでいる。"出陣"前には襦袢姿となり、家の隣に流れる川で禊を行う。
依頼されたターゲットを地獄へ流すために、絶大な力を秘めている。
ターゲットを地獄へ流す際に、「闇に惑いし哀れな影よ。人を傷つけ貶めて。罪に溺れし業の魂。いっぺん、死んでみる?」、ターゲットを乗せた舟を漕いで地獄へ続く川を下る際に、「この怨み、地獄へ流します」という決め台詞を言う。地獄へ続く川を下る際に、ターゲットに依頼人の怨みを代弁するかのように声を掛けることもある。

その正体は、安土・桃山時代に村のためと称して「七つ送り」の人柱にされた少女・あいである。しかし恋人・仙太郎と共に七つ送りの掟を破り、罰として両親共に地中に埋められて人柱とされる。人間への強い恨みを抱きながら一旦は力尽きるが、その後蘇り故郷・六道郷に火を放って村民を虐殺する大罪を犯す。だが、余りにも罪が重すぎて地獄でも償いきれず、罰として地獄少女として働くことを課せられる。その中で、自分に与えられた使命について考え続けていた。

【成績】
【公式@コミュニティ】
@1回 @2回 @3回 @4回 @5回
本戦 15位 11位 13位
pt 19277 24369 23067




添付ファイル