※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

256 :名無したんはエロカワイイ:2007/04/13(金) 23:34:16 ID:ul9u2+Mq
( '。')「元就様、なぜ顔を隠すのですか」
州;゚д゚)「捨て駒には変態が見えないのか。エレキギターを持って、紐を体に巻いている・・・」
( '。')「あれはたなびく霧ですよ・・・」
川∀゚川「おお元就公、一緒においでなさい。面白い遊びをしましょう。岸辺には死体が流れ着いているし、金を一向宗の坊主がたくさん用意して待っていますよ。」
Σ州;゚д゚)「捨て駒、捨て駒!きこえぬのか。変態が我になにかいうておる。」
( '。')「落ち着いて下さい、枯葉が風にざわめいているだけですよ。」
川∀゚川「元就公、私と一緒に行きましょう。織田軍勢がもてなしますよ。貴方ををここちよく切り刻み、笑い、歌うのです。」
Σ州;゚д゚)「捨て駒、捨て駒!見えんのか、あの暗いところに魔王の妹が!」
( '。')「見えますよ。でも、あれは古いしだれ柳の幹ですよ。」
川∀゚川「お友達になりましょう、、元就公。貴方のオクラっぽさがたまらない。力づくでもつれてゆきますよ!」
Σ州;゚д゚)「捨て駒、捨て駒!変態が我をつかまえる!変態が我をひどい目にあわせる!」

 捨て駒はぎょっとして、馬を全力で走らせた。あえぐ元就様を両腕に抱え、やっとの思いで館に着いた・・・
 腕に抱えられた元就様はすでに死んでいた。


257 :名無したんはエロカワイイ:2007/04/13(金) 23:48:08 ID:kvRzViho
州゚д゚)<という物語を今度の学芸会でやろうと思ってるんだけど、どうかな?


元ネタ:シューベルト「魔王」