※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

満たされなかった明智の強い飢え…
それは「信長殺害」という二度と味わう
ことのできない鬱積した欲望であった。
しかし、信長が生きていたという知らせは
明智に例えようのない喜びを
もたらしたのである。
もう一度この歓喜を味わおうと、
明智はついに安土城を訪れたのであった。


光秀
「この日をどんなに待ち侘びたか…ククク…
  体中が火照ってきましたよ!」

『安土城の変』


開始ムービー

光秀
「ククククク…ハハハハハ…アーッハッハッハッハ!
 ああ…生きてて良かった!
 ククククク…ハハハハハ…アーッハッハッハッハ!」

開始

信長
「貴様か光秀…よくぞ我が前に立てたな」
光秀
「ああ、その声は…聞きたかったですよ信長公!」
蘭丸
「うわあ、光秀! おまえ生きてたのかよ!
  こっち来んな! 変態がうつるよ!」
濃姫
「お前だけは許せない…!」

安土城 侵攻


明智軍武将
「魔王と二度、戦うか…光秀様の気が知れぬ」



信長
「フハハ、これより余興を始めよ!」

地獄開始

織田軍武将
「安土城を訪れた貴様の不運を呪うがいい!
  闘技開始! 信長様、御覧あれ!」



光秀
「まずは城内を一掃するとしましょう…
  焦らした方がより愉しめますからね、クク」


光秀
「さあ信長公、始めましょう!
 本能寺の続きを! 殺し合いの続きを!」


畜生門 開門

光秀
「ふう…前菜にもなりませんね」
蘭丸
「光秀ーッ! てめー、ゆるさねーッ!」
信長
「是非も無し! フハハハハ!」

蘭丸
「蘭丸はおまえみたいな大人には絶対ならない!」

信長
「余の天下に唾するとはな」
光秀
「私はどうでもいいのですよ、天下など!」

信長
「貴様の骸をさらしてやろう…」
光秀
「では、私の隣に貴方も並んでください!」


信長
「丸、そやつを仕留めい」
光秀
「ククク…最後のお仕事、頑張って下さいよ」

蘭丸戦

蘭丸
「おいお前、いい気になってんじゃねえぞ!
  蘭丸の力、見せてやる!」
―破邪清真 森蘭丸 参戦

戦闘

光秀
「蘭丸、貴方は宴の前菜にふさわしい…ククク」
蘭丸
「この…変態野郎!」
光秀
「おやおや、蘭丸は礼儀知らずですね…
  きつく灸を据えるとしましょう、ククク」

光秀
「本能寺でも蘭丸は泣いていましたね…
  私に殺されそうになって…ククク」
蘭丸
「泣いてないぞ! 蘭丸は絶対に泣いてない!」

光秀
「子供は無邪気でいいですね…」
蘭丸
「蘭丸はもう子供じゃない!」
光秀
「ククク、騒がしいですよ…黙れ、餓飢が」


餓鬼門 開門

蘭丸
「信長様…蘭丸を許して…ください…」
信長
「丸……なんと!」
濃姫
「蘭丸君!?  いやーッ!」

光秀
「本能寺以来、実に虚しい日々でした
  今まさにその空白を埋める時です!」


修羅門 開門


濃姫戦

濃姫
「これ以上いかせてなるものか
 上総介様、濃めが修羅になりますれば!」
―繚乱無比 濃姫 登場


戦闘

光秀
「これはこれは、帰蝶…ご機嫌麗しゅう…」
濃姫
「光秀…蘭丸君を…よくも! 」

濃姫
「裏切り者!
  よくも上総介様の前に顔を出せたものね!」

濃姫
「本能寺での事…決して忘れない!
 あの時のわたしの絶望をお前も知りなさい!
光秀
「ククク…絶望に濡れた貴方はとても美しい」

濃姫
「本能寺で…わたしは何もできなかった…
 今日こそ、今日こそは絶対に守りきる…!」
光秀
「ククク…健気なことです」

光秀
「貴方は血塗られずとも美しいですよ、帰蝶」


最終決戦

光秀
「もう待ちきれません、信長公!
  誰にも邪魔されずに宴を始めましょう!」


信長戦

≪実機ムービー≫
光秀
「ククク…ククククク…」
信長
「フハハハハ…!」

信長
「塵ひとつ残さず滅ぼしてくれるわ!」
光秀
「ククク…」


戦闘

光秀
「信長公、生きてくれていて感謝しますよ
 命を奪い合う宴…愉しみましょう!」
信長
「光秀………是非も無し」

光秀
「再びこのような日が来ようとは…!
  生きることの幸せを知りました!」
信長
「貴様が知るは、死の絶望よ」

信長
「貴様の謀反、万死に値する…」
光秀
「あの時は期待に沿えず、失礼しました」
信長
「痴れ者の妄言か…笑止」

光秀
「ああ、いい!  私を昂ぶらせるお方!」
信長
「フハハハ! 愚か者が…ここで死ね」

光秀
「信長公の怒り、叫び、血しぶき…」
「ああ、やめられない!やめたくない!」
信長
「うつけが…永劫の闇を手向けてやろう」


勝利

≪実機ムービー≫
光秀
「クク…ククク…」
信長
「馬鹿、な……」
光秀
「ククク、ククク、クククク…
  ハハハ…アーッハッハッハッハ!」