※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・ナレーション

次に信長は、
かねてからの敵である本願寺顕如を
討つ命を下した。
これに従い、
明智は大阪城を訪れたのであった。

光秀「本願寺顕如、貴方は右足です
    欲界に踏み入れた足…ククク…」

・大阪城

光秀「この重要な戦に私を使ってくださるとは…」
濃姫「上様もお忙しいのよ、止むを得ないわ」

本願寺「魔王の放った怨霊めが! 立ち去れぇい!」
光秀「怨霊などとんでもない、私は人間ですよ」

・本願寺顕如戦

本願寺「魔王め…血を流し、この戦いに蹴りをつけるか」
光秀「いいえ、血に飢えているのは私ですよ」

光秀「焼き討ちと皆殺し、どちらがお好みで?」
本願寺「涼しい顔して、なんちゅーことを聞くのじゃ!」

光秀「信長公の名に恥じぬよう、存分に愉しまなければ…」
濃姫「光秀、悪趣味もほどほどになさい」

本願寺「主もまた、魔王の一人か」
光秀「ご冗談を…信長公に代わるものなどこの世にいませんよ」

光秀「仏様は、私を許してくれるでしょうか? ククク…」
本願寺「ええい去れ! 金力本願!」

・勝利

光秀「二つ目…右足、終わりましたよ…」