※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

北条殲滅の後、
信長の義理の弟・浅井長政が
突然、反旗を翻す。
これに激昂した信長は、
長政を叩き潰すよう明智に申し渡したのであった。

光秀「浅井長政、貴方は愚かな人間です
    だからこそ左腕にふさわしい
    心臓に近く、それでいて働かぬ腕」

・姉川

光秀「帰蝶、顔見知りを滅ぼすのは気が引けますか?」
濃姫「馬鹿なことを聞かないで光秀」
光秀「では、この私にお任せを…ククク…」

長政「兄者め、このような悪魔を寄越すとは!」
光秀「私が悪魔? とんでもない、私など信長公の足元にも及びません」

・浅井長政 お市戦

長政「卑怯だぞ兄者! 自らこの私を討ちに来い!」
光秀「残念ながら、貴方にその価値はないということです」

光秀「貴方が最後の左腕…終わりの獲物としては、小さすぎますね」

光秀「お市殿、貴方はなぜ信長公に逆らうのです」
お市「だって…長政さまがそう言ったから…」

光秀「安心して眠りなさい、貴方がたの望みは私が叶えましょう」

光秀「見ていますか信長公? 貴方の手足がちぎれる最後の瞬間を!」

・勝利

光秀「私は、存分に貴方に尽くしました
   そうでしょう、信長公? アハハハ!」