※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

「全ては本田忠勝の力」との
毛利の指摘に
ざわめく心を抑えつつも、
家康は次に明智光秀へと
戦いを挑んだのであった。

家康「わしの力とは、忠勝を使いこなすこと
   なんの問題もなしよ!」

・山崎

家康「光秀! このわしが来たからにはもう逃げられんぞ!」
光秀「ふむ…貴方はともかく、戦国最強の相手は面倒ですね…」

家康「何してる忠勝! もっと気合入れて戦え!」
光秀「貴方は、馬に乗って粋がる子供のようですね」

・明智光秀戦

家康「さあ、光秀! おめぇもここまでだな!」
光秀「勇ましい言葉は、一人立ちしてから言いなさい」

光秀「自分が何もせずとも部下が片付けてくれる…
   そうお思いでしょう?」
家康「馬鹿を言うな光秀!」

光秀「人任せの人生…貴方は、囚われの頃から変わりませんね」
家康「黙れ! わしはもうあの頃のわしじゃねぇ!」

光秀「そろそろ馬遊びはやめなさい。自分で歩く年頃ですよ」
家康「どこまでわしを見下せば気がすむんだ光秀!」

光秀「お守りの気苦労、お察しします。本田殿」
家康「黙れ! 忠勝はそんなこと言わねぇ!」

・勝利

家康「敵にここまで言われるとは…不覚…!」