※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

世界に通用する国を創るために
立ち上がった豊臣秀吉は、
天下統一における最大の障害、
魔王・織田信長との
決戦に挑まんとしていた。
軍師にして親友の竹中半兵衛と共に、
秀吉は己の信じる時代を
創るため戦場に立った。

半兵衛「魔王殿は明智から謀反を受けたようだね」
秀吉「魔王を討つならば今が好機
    行くぞ半兵衛!」

・本能寺

信長「余の覇道を遮るか…」
光秀「信長公、殺し合いといきましょう!」
秀吉「魔王こそが国を蝕む病そのもの
    我の手で、乱れた時代に終止符を打つ!」


秀吉「魔王よ、新たな時代の産声を聞け!」
信長「笑止! 貴様の悲鳴でかき消してくれよう!」

光秀「今宵は私が待ちに待った至福の時…
    猿が茶々を入れることは許しませんよ…」
秀吉「お前も魔王と共に冥府へ送ってやろう!」

・織田信長 明智光秀戦

秀吉「我の創りし国に魔王は不要!」
光秀「私には信長公が必要です、この手で殺すためにね!」
信長「貴様ら…まとめて黄泉に落としてくれるわ」

秀吉「魔王よ、お前の存在がこの国を腐らせる!」
信長「芸も出来ぬ猿が思い上がるな!」

光秀「漁夫の理を得ようとは、小賢しいですね」
秀吉「明智! お前こそが蛇足であると気付くがよい!」

秀吉「滅びよ! 地獄の底でさまよい続けるがいい!」
信長「山猿が…是非も無し!」

光秀「なんと愉しい宴でしょう
    死と絶望が舞い踊っています!」
半兵衛「やれやれ…魔王以下だね、君は…」

・勝利

半兵衛「これで天下は君のものだよ」
秀吉「始めるぞ、半兵衛…強き国創りを」