※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーション

次に北条は、
己を危険視した織田信長が攻め
入ってきた思い出を慶次に語った。
しかし記憶力が衰え、
詳細が曖昧な点は否めなかった。

慶次「嘘だろ!? 魔王さんが爺ちゃんを目の敵に?」
氏政「さすがのワシも彼奴には苦労させられたわい」

・本能寺

信長「これ以上、貴様を野放しにしておけぬわ…」
氏政「ほほう、ワシも睨まれたもんじゃわい」

信長「光秀、北条を仕損じるは織田の破滅ぞ」
光秀「肝に銘じています、信長公」

・明智光秀戦

光秀「貴方からは素晴らしい獲物の匂いがしますよ…」
氏政「なんじゃ、穏やかでない若造じゃの」

光秀「そこまで熟しながら腐り落ちない…見事です」
氏政「まだまだワシも現役じゃぞい」

光秀「信長公は貴方を気にしています。少々、妬ましいですね…」

・織田信長戦

信長「氏政、大人しく余に従えばよいものを…」
氏政「ワシは見かけほど甘くはないんじゃぞ」

信長「東に貴様がいる限り、おちおち西を攻められぬわ」
氏政「ふふん、随分と小さな男じゃの」

氏政「織田、魔王を名乗るなど百年早いわ」

・勝利

信長「おのれ北条…引くより他になし」
氏政「例え織田とてワシにかかれば呆気ないもんじゃ」