※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<<Ch.2廃病院


Ch.3-1 望遠鏡と手紙1



GM : 昨日までのおさらい!「いろいろ調査の結果、屋上とか望遠鏡とか病室とか、あといろいろわかりました。現在地は屋上。このあとどうするかを決めるところからお願いします」
GM : 」の位置がおかしかったがまぁ気にしない
那岐田・京 : きにしなーい
高瀬・洋恵 : とりあえず物は試しで持ってきてみようってことにしたんだっけ。
蓬莱寺・凪斗 : しなーい
GM : 持ってこようか?どうする?ってとこで悩んで終わってますね
那岐田・京 : そだね、昼間のうちでもやれることはやっておこうかっ
賽川・秋嗣 : そそ、黄金の爪的な恐怖はあるけど…3Fに戻る?
高瀬・洋恵 : じゃ、病室に戻るか。8F分の昇り降り再び!
那岐田・京 : ぎゃー
蓬莱寺・凪斗 : ぎゃー
GM : いやいや、3階ですから5階分ですってw まぁ×2で10階分になるからきついだろうけどね
賽川・秋嗣 : 降りるのは楽~20段とばしとかやるよ
那岐田・京 : イグニッションしてるから問題ないもん!
高瀬・洋恵 : 問題ない割に顔が青いよ!(笑
GM : それほぼ全部だと思うw<20段とばし
GM : じゃあまぁ、さくさく降りていただきましょうか
那岐田・京 : 降りるって言うか落ちる?
GM : さすがエアライダー!<落ちる
高瀬・洋恵 : むしろ突き落とす……のはさすがにやめとくw
賽川・秋嗣 : かもしれん…あと手すりに掴まってしゅーっと
蓬莱寺・凪斗 : わーい
那岐田・京 : 湯煙廃墟殺人事件~温泉女将の右手~
賽川・秋嗣 : ふ、突き落としが効かないのが素晴らしい!
GM : 湯煙がない気がするけどwww では、誰が最初に3階に足を踏み入れましたか?
高瀬・洋恵 : 崖っぷちで涙ながらに秋嗣への愛憎を語ってやるわよ! 3分くらい。
那岐田・京 : 飛んでる秋嗣?
賽川・秋嗣 : たーんって感じで着地した私かなぁ
GM : ふむ。じゃあ秋嗣先輩は神秘チェックお願いします。
高瀬・洋恵 : あ、手札……
賽川・秋嗣 : 愛は別の人に語っといてw
賽川・秋嗣 : っと、5枚ね
那岐田・京 : 一弥大好きだものね
GM : あ、手札忘れてったー というわけで5枚引いてくださいね
那岐田・京 : わぁい、ナイスバランス>手札
賽川・秋嗣 : 何の問題もなく神秘ゲット
GM : ではチェックどぞー
蓬莱寺・凪斗 : なんだこのガード祭り…
高瀬・洋恵 : 麦芽ビスケットがむせた……手札も青緑orz
GM : わぁ、バランスが良かった人と事故った人といるんだね 頑張って☆
那岐田・京 : GMが嬉しそうだ
GM : ははは そんなそんな
賽川・秋嗣 : さーん階っとぉう!?(着地地点で滑って尻餅な『ドジ』っこ
      【P】神秘1 (No.40)
那岐田・京 : 出たw
GM : 神秘AWの恐怖。 成功です
賽川・秋嗣 : ちなみに私は好バランス~♪
賽川・秋嗣 : まだマシだよこれは…
GM : 最初に到着した秋嗣はがしゃん、とガラスが割れる音に気づきました。305とは反対側の病室から聞こえてきたようです。
高瀬・洋恵 : ホームランボールかしら?
GM : 3Fはさっきと変らぬ静けさ… しかし、若干いやな空気が漂ってる気がします。
那岐田・京 : うーん…ただのお兄ちゃんのいたずらだったらいいんだけど…
賽川・秋嗣 : 私は割ってないぞ…むぅ、みんなに伝えてちょろっと覗いてみようかな
蓬莱寺・凪斗 : こまったのう
GM : では、音のした方にいきますか?無視して望遠鏡をとりに行きますか?
那岐田・京 : そのまま放っておくっていうのも、ねぇ
賽川・秋嗣 : 好奇心でふらふらっといっちゃいそうだけど、とりあえずダメっぽかたら止めておくれ~
高瀬・洋恵 : 取りに言ってる間に後ろから襲われるのも嫌だから確認しとかね?
那岐田・京 : やばそうだったら尻尾思いっきり引っ張るから安心してっ!
蓬莱寺・凪斗 : れっつらごー
賽川・秋嗣 : 腕掴むなり声かけるなりしてからつかみなさいよ!
高瀬・洋恵 : あ、その時はあたしも引っ張るから。二倍の力でハゲ散らかし。
GM : では病室の方へ。今の状態だと秋嗣先輩が先頭ですね。
那岐田・京 : 散らかそう散らかそう。 うん、秋嗣先頭かな
賽川・秋嗣 : 洋恵は凪斗野を引っ張ればいいのに… 私先頭でいいかな…ガラスが散らばってたりしない?
GM : 病室へ到着した一行。ひょこりと部屋を覗くと…床に散ったガラス。そして…黒い塊が秋嗣めがけて飛んできた!
蓬莱寺・凪斗 : いやん
高瀬・洋恵 : 凪斗のは引っ張ったらスポって抜けてすぐ生えてきそう。
GM : 回避行動お願いします。今達成値出しますね。
GM : 回避達成値神秘6
賽川・秋嗣 : どぅをわっ何?!ホームランボール?!
那岐田・京 : 秋嗣あぶない!(尻尾掴もうか迷って手が止まる)
高瀬・洋恵 : それはむしろデッドボール!よけれ!(笑
蓬莱寺・凪斗 : やばいな!
GM : 秋嗣以外の能力者たちは声を聞く。濁りきった鳥の鳴き声…小さな羽ばたき… そして窓から飛び込んでくる、雀の集団を!
賽川・秋嗣 : イグニッションしてるから戦闘判定でいいのかな?アシスト1頼めます?尻尾引っ張らない優しい方希望
蓬莱寺・凪斗 : 神秘2アシスト可
GM : 戦闘判定でOKです
那岐田・京 : 1あるけど尻尾引っ張るかどうしよう
高瀬・洋恵 : 1あるけどどこ引っ張ろうかどうしよう。
蓬莱寺・凪斗 : じゃあ、おまかせかな
GM : 凪斗君神秘メインだもんね
賽川・秋嗣 : うぉわっ…(マトリクス避けして腰がボキ)すまない、私はここまでのようだ…立派に戦ったって国の家族に伝えてくれよ…(ガク
賽川・秋嗣
      【P】神秘3 (No.37)
那岐田・京 : ん、じゃあアシストしよっか
蓬莱寺・凪斗 : なーむー
賽川・秋嗣 : ってかこのアクトワードでラッキーとかないだろ!
GM : 実は生きていました的展開でどうですか<ラッキー
高瀬・洋恵 : ではあたしもカード回すべくアシスト! 焼き鳥キタ――!!
      【P】神秘1 (No.35)
那岐田・京 : 秋嗣、それは自分の口から言いなさい!(『説教』してるんだか応援してるんだかわからないセリフ)
      【P】神秘1 (No.39)
GM : 焼き鳥にめっちゃ噴いたですよ 回避成功です
蓬莱寺・凪斗 : すずめ肉うまいよね
那岐田・京 : すずめ食べたことないけどおいしいんだ
GM : すずめって食べるところあるのかな。さておき、今回は不意打ち戦闘なので最初の手札の調整ができませんので~
賽川・秋嗣 : 洋恵が焼くんですねこれから。わかります
那岐田・京 : 背後近所の居酒屋にあったよー>すずめ
高瀬・洋恵 : あたしも食べたことないけどたぶん美味いよ。アザラシよりは美味しいよきっと。
蓬莱寺・凪斗 : 少ないから凝縮なのよ
賽川・秋嗣 : まぁ今の体勢からして相当不利ってのはわかる<不意打ち
GM : 雀は秋嗣を通りすぎ、廊下を穿つ。羽ばたきがうるさいほどに病室に響く…
那岐田・京 : マトリックスw
GM : では秋嗣先輩のターンなんですがその格好からいけますか?w
賽川・秋嗣 : 雀肉食べてみたくなった…
賽川・秋嗣 : だいじょうぶ!いててて、何が来たんだ?!(立ち上がり)
高瀬・洋恵 : たぶん焼きヤツメウナギ屋よ。しっかり体勢立て直していくわよ!
GM : では秋嗣先輩の攻撃ターン。ゾンビ雀、数は多いですが2グループ存在します。グループごとに判定しますのでABで標的指定お願いしますね。
蓬莱寺・凪斗 : それ店主w 
賽川・秋嗣 : おうさ!所詮捕食される側ぁ!!
蓬莱寺・凪斗 : さって鳥っ子やっちゃろーぜー
那岐田・京 : 焼き鳥にしてやるー!洋恵が!
高瀬・洋恵 : へいらっしゃい!
蓬莱寺・凪斗 : 鳥一つ
高瀬・洋恵 : 味付けはセルフサービス。
賽川・秋嗣 : (『冷静』にいまの自分の状況を鑑みて)体勢も崩れてるしこれで立て直すか…さて、その子羽根で暴風に抗えるかな?
      【P】術式2 (No.21)
賽川・秋嗣 : と、インフィニティエア発動でターン終了
那岐田・京 : GMwww
高瀬・洋恵 : べふorz
蓬莱寺・凪斗 : さすがだw
賽川・秋嗣 : なんか私も追加されたー
GM : ではターン終了時にカード補充お願いしますねw  さぁ、続けて楽しんでいきましょーw
高瀬・洋恵 : くはははは!道連れじゃああ>教祖様
GM : では洋恵姉さんのターンです、丸焼どーぞ
高瀬・洋恵 : くそう、剣より顔から火が出そうだわ。八つ当たりしてやる!雀の紅蓮撃焼きよ!
賽川・秋嗣 : 恥ずかしさの炎?!
GM : 強そうだw
蓬莱寺・凪斗 : 羞恥の炎
高瀬・洋恵 : い、いや至って冷静よ!錯乱なんかしてないもんね!でりゃあああ!
      【P】気魄1 (No.14)
GM : 達成値5であたりですー ダメージお願いします
高瀬・洋恵 : 120よー。
GM : ぶっ
那岐田・京 : つよっ!
賽川・秋嗣 : 相変わらず他者の自信をなくさせる攻撃力…
蓬莱寺・凪斗 : さっすがw
GM : 落ちましたorz  いろんな意味がこもった炎が雀を焼く!周囲の雀を巻き込んで、炎はぼとぼとと床に落ちた…
GM : では手札補充してターン終了お願いしますね
賽川・秋嗣 : 丸焼きなんか通り越して消し炭?
GM : 次は京さんのターン   ああ、床に炭が残るよ…
那岐田・京 : ん、それじゃあ術式で龍尾脚行きますっ。アシストは回したい人あればどーぞー
蓬莱寺・凪斗 : はーい
賽川・秋嗣 : あ、エフェクト入れますね~
高瀬・洋恵 : 一長一短だって;; 術式回そうかな。
那岐田・京 : さすが洋恵。っていうか一撃で落ちてるようじゃあ大したことないね(『嘲笑』を含んだ余裕の表情で踏み込み、龍尾脚!)
      【P】術式2 (No.18)
GM : メイン判定のみでもあたりですね。アシストどぞー
高瀬・洋恵 : 焼き鳥の『不意打ち』なんて、物の数にも入らないってことね。てい
      【P】術式1 (No.26)
蓬莱寺・凪斗 : まあ、先輩に落とされてもそう「悲観」する事はねーなー
      【P】術式1 (No.20)
GM : ではエフェクトどぞー
賽川・秋嗣 : そんなの相手に『ドジ』ったとはいえ腰をひどく損傷した私って一体…
      【E】《術式》ジャストアタック (No.30)
GM : ではJA含めてダメージどうぞ!
那岐田・京 : ダメージは40+11+20=71!
高瀬・洋恵 : 秋嗣ドジの引き率高くない?(笑
那岐田・京 : これは秋嗣まで順番回らないかも…
GM : 鋭く繰り出された蹴りは幾ばかの雀を打ちおとす。しかしまだ数羽の雀が威嚇するように金切り声をあげる
賽川・秋嗣 : たまたま神秘判定多かったから! うん、インフィに使い損かもね…
GM : では凪斗君のターンですね。京さんは手札補充でターン終了お願いします。
賽川・秋嗣 : ま、じっくり見てますわ…
那岐田・京 : おっけーぃ
蓬莱寺・凪斗 : よし、獣撃拳でいくぜ
GM : 気魄5以上で成功です。アシストは誰かいれますか?
賽川・秋嗣 : 私はパスかな。これラッキーだし
那岐田・京 : ん、回そうかな
高瀬・洋恵 : んー、今回は見送りかな。
蓬莱寺・凪斗 : おらあ、「逃げ腰」になってんじゃねーぞ!
      【P】気魄1 (No.6)
那岐田・京 : ん、凪斗!秋嗣の腰をイワせたことを『後悔』させちゃいなさい!
      【P】気魄1 (No.2)
GM : あたりです。ダメージお願いします!
蓬莱寺・凪斗 : 53で
GM : 余裕のオーバーキルで沈みましta.
GM : た
賽川・秋嗣 : むーやっぱインフィにいらんかったか…後二回だしだし大事に使おう
那岐田・京 : やったぁ
蓬莱寺・凪斗 : さすがに
蓬莱寺・凪斗 : ゾンビは食えねえなあ…
GM : 動揺なんてしてませんよ!//獣のオーラを纏う拳が雀を穿つ。ばたばたと床に落ち、雀は1羽たりとも動かなくなった。
GM : ゾンビ食べたらお腹壊しそうですよ 流石に
賽川・秋嗣 : 腐敗してますからねぇ…
高瀬・洋恵 : ふー、消し炭含めた焼き鳥ゾンビ一丁上がりってか。しばらくこんな調子かしらね……
GM : と、部屋の隅から強めの残留思念の気配がしますね。銀を振りかけたら詠唱兵器になりそうです。
賽川・秋嗣 : おぉぅ焼き鳥じゃなくってもうちょいいいものが!
GM : では戦闘終了したので手札は5枚に戻しておいてくださいね<ALL
高瀬・洋恵 : 術しかこないでござる。さて、銀も振りまいちゃってみる?
蓬莱寺・凪斗 : ふっちゃうぜー
GM : 銀を振りかけるといくつかの詠唱兵器になりました。持って帰って鑑定してみましょうね。
那岐田・京 : 術がなくなったでござる…お、いい感じっ
賽川・秋嗣 : バランス良好~…洋恵はやっぱり私と手札入れ替えるべきだと…
GM : 手札事故ってますねぇ~w
賽川・秋嗣 : 詠唱兵器鑑定は全部終わって帰ってからかな?
GM : ですねー<鑑定
高瀬・洋恵 : んむ、激しく交換を願いたいがそうもいかないわね。じゃ、詠唱兵器は後のお楽しみで、本命の部屋に戻ろうか。
GM : 今何かわかっても、装備できないですし。その辺はGTを想像してもらうといいかも。
賽川・秋嗣 : んでは逆方向に向かいましょう。さっきのに懲りたんで今度は後ろからついていく感じで
蓬莱寺・凪斗 : じゃー戦闘行くか俺
那岐田・京 : ではずんずんと305へ
GM : では本命305号室へ。特に廊下に怪しげな気配はないですね。
GM : 部屋へ来ると、さっきと変らぬ光景が広がっています。ベッドが1つ、棚が1つ、丸椅子が1つ。
高瀬・洋恵 : したらば、例の棚をパカッと開けてと。……何か来るかな?
那岐田・京 : 一応警戒
賽川・秋嗣 : 同じく。今度はちゃんと避ける
GM : ……しばらく警戒する能力者一行。しかし、今度は何も起こらなかった。
那岐田・京 : ほっ
蓬莱寺・凪斗 : じゃゲット?
高瀬・洋恵 : じゃ、望遠鏡を取り出してみようか。これでどうなることやら……触って何か変な感じはする?
賽川・秋嗣 : さすがにそう何人も出たりしないか…んじゃ屋上へかな?
GM : では望遠鏡を取り出しました。持った感じ、普通の子供用の望遠鏡ですね。特に何も感じません。
那岐田・京 : なんだかこうやってGMメモに所有状況書かれると怪しい
GM : ははは さぁ どうでしょうね(にこり
高瀬・洋恵 : メモが一弥大好きな望遠鏡に見える……よし、5F分の階段に戻ろうじゃないの。
賽川・秋嗣 : むぅ確かに怪しすぎ…一応今度は警戒しながら登りましょう
賽川・秋嗣 : さっきはこれが引き金で襲われたんだし
那岐田・京 : 万が一にも落としちゃったらまずいし、気をつけないとね
GM : では部屋を出ましょう 誰か術式チェックおねがいしまーす
高瀬・洋恵 : 術式……秋嗣出せる?
賽川・秋嗣 : 私は術式持っておきたいかな~
蓬莱寺・凪斗 : 術一枚もねえ!
那岐田・京 : 同じく一枚も…
賽川・秋嗣 : みんながどうしても無理なら出しますんで
高瀬・洋恵 : カード2枚出してもいいのよね?そしたらあたしがやるのがいいかな。
GM : あ、チェックは1枚ですよー術式ならなんでもOKですが。
高瀬・洋恵 : あら、1しかないのよね。まあいいか、やってみよう……
那岐田・京 : チェックだから、数値関係なく1枚出せればいいよー
GM : そうそう、数値関係ないので大丈夫
高瀬・洋恵 : んでは。 おほほほ、まだまだ余裕余裕っと
      【P】術式1 (No.24)
蓬莱寺・凪斗 : おねーさまー
GM : ではチェック成功
GM : 部屋を出ようとした瞬間、危険を感じた洋恵が足を止めると、ぶんと何かが鼻先をかすめた!よくよく見てみるとそれは角材…
那岐田・京 : あぶなっ!?
GM : 視線を移せば、廊下には子供ゾンビと雀ゾンビが集まっていた!!
那岐田・京 : ………黄金の爪?
高瀬・洋恵 : ……乙女の顔に傷がつくとこだったわよ。不届き千万な!
賽川・秋嗣 : まさか本当にこんな展開だとは…雀も関係あるのかな?
GM : 『ソレ…ダメ…』『アゲナイ…アゲナイヨ…』『コワレタラ、カケルガカナシム…』『カエシテカエシテカエシテ…』
GM : では戦闘。ゴースト準備しますので手札5枚にしてしばしお待ちを。
那岐田・京 : 動かしちゃだめ、ってことかな
蓬莱寺・凪斗 : ふむ、こわすか
賽川・秋嗣 : 持ち去られる、と思ったからかも。いっそこわされたく無かったら道をあけろといいたいですね
GM : 姉さんも1枚引いてネー チェック成功したので万全の態勢で臨めます
那岐田・京 : うわぁたくさん…
高瀬・洋恵 : おっとと。

Ch.3-b 望遠鏡と手紙-戦闘