※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ch.4-2 星の煌き、命の輝き-2


GM : では空を願う少年の前がクリアになりましたので攻撃可能です
那岐田・京 : ん、正念場だねっ
蓬莱寺・凪斗 : ん、みえたな
GM : では京さんのターン!
那岐田・京 : ん、凪斗、術3アシストもらえる?
GM : 『カエシテ…アシヲ…カエシテヨ… ミエナイ…ホシガミエナイヨ…!』カケルの姿をしたゴーストが苦悶の声を漏らす…
賽川・秋嗣 : 私も1くらいなら出ますよ~
那岐田・京 : あ、もし良ければお願いっ
蓬莱寺・凪斗 : あいよ
GM : ではメイン判定どうぞー
那岐田・京 : …っ!(軽いフットワークから『不意を打つ』ように回り込んでの龍尾脚)
      【P】術式1 (No.26)
蓬莱寺・凪斗 : まだ、まだいけるっすよ京さん!
      【P】術式3 (No.19)
賽川・秋嗣 : 『人生は夢と同じものでできている』いろいろなものを失ったこの子には、悪夢だったのか…
      【P】術式1 (No.20)
那岐田・京 : 達成値は3+1+3+1=8!
GM : エフェクト使用はいいですか?ガード判定値後はPLはカード出せませんのでー
那岐田・京
      【E】クリティカルアタック (No.1)
那岐田・京 : これでっ
GM : ガード判定値いきます!
賽川・秋嗣 : ナイス!通れ~
GM : 術式7+5で12!ガード成功!
      【リ】(No.1)
      【リ】(No.8)
那岐田・京 : エフェクト更に使用できるよね?
GM : あ、エフェクトか………   いいよ!
那岐田・京 : 12点でガードされるんだっけ
GM : 12点同点だったら攻撃優先っす
那岐田・京 : 後の先で二点プラス!更に運命の糸2点消費で合計達成値12!
      【E】後の先 (No.25)
      【E】運命の救い (No.33)
那岐田・京 : ダメージは120点!
GM : うあー!やっぱ作ってきたかって運命の救いもか!
那岐田・京 : はっはっは
GM : ボスはこんなもんじゃへこたれないもー!(むきー
GM : しかし3ケタダメージとは恐れ入る
高瀬・洋恵 : GMかわいいなーv
蓬莱寺・凪斗 : ねー
那岐田・京 : おもちかえ(ry
GM : 持って帰られたら判定できなくなるー!(じた
GM : しなる蹴りが車いすを超えて少年に炸裂する…!声にならぬ悲鳴をあげ、丸で生きているかのようにせき込む…が、ぎらぎらとしたその瞳の奥に人間らしさはかけらも残っていない!
賽川・秋嗣 : GMはみんなのもの!12は一つの目安かな、攻撃の通る…
GM : では京さんが手札調整したら洋恵姉さんのターン!
那岐田・京 : 調整完了、で凪斗かな?
GM : あ、ごめんまちがーえたー 失礼!
高瀬・洋恵 : あれ、凪斗よね??
GM : 凪斗君のターン!
GM : ごめんねごめんねorz
高瀬・洋恵 : ドンマイ。あたしがお持ち帰りして慰めてしんぜy(略
蓬莱寺・凪斗 : 奏甲!あっきー先輩へ
GM : 持ち帰らないで慰め希望~(;ノノ めそめそ
GM : では神秘カード1枚どうぞー
賽川・秋嗣 : おぉぅそんなにダメージ食らってない上に人一倍儚いのに!ありがとう~
蓬莱寺・凪斗 : 当てれるって信じてるゼ
      【P】神秘2 (No.30)
GM : では秋嗣先輩が44回復?で20UPかな。
賽川・秋嗣 : 大丈夫。一発二発は確実に当てられる。ようにさっき必死で調整してた
蓬莱寺・凪斗 : うみゅうみゅ
賽川・秋嗣 : 完全回復ー!で更に攻撃力UP
高瀬・洋恵 : 20upって何だか残機が増えたみたいvマ○オみたいな。
GM : では、またこちらの攻撃。参りますよー!
賽川・秋嗣 : もうこなくていいや
GM : あ、50回復+ガードUP!
      【リ】(No.7)
那岐田・京 : 秋嗣20人追加ー
GM : いやだwww<20人追加
那岐田・京 : なんだってー
賽川・秋嗣 : 本人すらいらん!
賽川・秋嗣 : げ、回復した?
GM : 術式ガード値がなんと出血サービス110ですよ
GM : 頑張って通してね☆
高瀬・洋恵 : おおう、こっちが出血。
賽川・秋嗣 : ガードさせないのが前提だからいい!
那岐田・京 : つまり術式はかなり辛くなった、と
GM : あ、間違えた間違えた 失礼 ガードは90でした でも出血
GM : まぁ頑張って!というわけで何事もなく秋嗣先輩のターン!
賽川・秋嗣 : まぁクレセントファングは確定として、術式アシを募ってみようかな。ちなみに+7が最大で+4は一枚だけでしたよね?
GM : そうですね
那岐田・京 : 術1、2いけるよー
蓬莱寺・凪斗 : 1いける
高瀬・洋恵 : 旋剣をナシにすれば3いける。
賽川・秋嗣 : となるとガード値は現実的なところで12、12出せばほぼ通り13だったら確定通しかな?
那岐田・京 : 気神だとそうなるね
GM : ですねー
賽川・秋嗣 : 多分アシは合計1か2でいいんで~
賽川・秋嗣 : 合計3だともっと助かるかな
那岐田・京 : じゃあ私が2出そっか
蓬莱寺・凪斗 : 1だしましょ
GM : では判定どうぞー
賽川・秋嗣 : ありがとう~これで7、+5すれば十分っと
賽川・秋嗣 : 細工はりゅうりゅう用意『周到』!この一撃はかわせませんよ!(風をまとったクレセントファング!
      【P】術式2 (No.16)
      【P】術式2 (No.21)
賽川・秋嗣
      【E】集中 (No.36)
那岐田・京 : そんな動きじゃ秋嗣を捕らえることなんてできないよっ(とゴーストに対してダメ出し)
      【P】術式2 (No.18)
賽川・秋嗣 : 更に集中
蓬莱寺・凪斗 : うむ、こういうご都合ってのも大事だよな
      【P】術式1 (No.15)
GM : ではガード
GM : 6+4で10!攻撃成功!
      【リ】(No.19)
      【リ】(No.9)
賽川・秋嗣 : うん、そうそう7なんて出ないよな。
GM : ではダメージどうぞ
賽川・秋嗣 : ダメージは98!これをコンスタントにとばしてやりましょう~
GM : うーわー 辛いな!
賽川・秋嗣 : あ、よろしく~<山札
賽川・秋嗣 : うん、もう一発とばせるな。さぁ続いていきましょう!!
GM : 三日月型の光が奔る蹴りは車いすの少年を薙ぐ…車輪が歪み、同時に少年の表情も苦痛に歪んだ…
GM : では洋恵姉さんのターン
高瀬・洋恵 : 紅蓮撃で殴るけど……ガードさせないようにするなら、12以上出せってことかな?
GM : 『アァ、イタイ、イタイヨ……アシガイタイ、メガイタイ、カラダガイタイヨ…』
GM : そうですねー<12以上
那岐田・京 : 気3アシストできるよっ
賽川・秋嗣 : こっちから+2できますぜ~
高瀬・洋恵 : 2か3あると嬉しいわ。
蓬莱寺・凪斗 : 2だねえ
高瀬・洋恵 : じゃ、京にお願いしようかな。
那岐田・京 : ん、了解っ
GM : ではメインアシ判定どうぞー
賽川・秋嗣 : あ、一人でいいんです?
高瀬・洋恵 : うん、たぶん足りる。
賽川・秋嗣 : 了解
高瀬・洋恵 : 辛いでしょう……でも、「怒り」も、苦しみも、もうおしまい。もうすぐ終わらせてあげる
高瀬・洋恵
      【P】気魄3 (No.11)
      【P】術式3 (No.23)
高瀬・洋恵
      【E】詠唱変化 (No.39)
那岐田・京 : 『お願い』っ!当たって…!(祈るように目を閉じつつ)
      【P】気魄3 (No.9)
高瀬・洋恵 : 気魄に変化ね。
GM : これで達成値が…13…?
賽川・秋嗣 : これは防げない、ガードの上からでもぶち破るはず!
高瀬・洋恵 : これでダメならおうちかえる!
GM : 無理だよwwwww 6+2で8
      【リ】(No.16)
      【リ】(No.4)
那岐田・京 : 急にリードカード運が!
GM : うぁーーー!一番怖いものが通った!(きゃー!
賽川・秋嗣 : いやいやスペック的に無理な子ですからw
GM : ではダメージどうぞ…?
那岐田・京 : GMがびくびくしてる
GM : だだってこれ ねぇ?(あばば
高瀬・洋恵 : そうすると……いや、でも特殊効果とかほとんどないから。140かな?
那岐田・京 : まだ動けるのっ!?
賽川・秋嗣 : なんじゃそりゃぁ!(自分のハイリスク鑑みて納得いかんらしい
高瀬・洋恵 : さすがにそう簡単にはいかないわねw でも魔炎かかってね。
GM : 紅蓮の炎が少年を穿つ!そして焼き、少年があえぐ!『アァ、アツイ、クルシイヨ…!』
GM : 毎ターン20だよね?(めそめそ
高瀬・洋恵 : うん。
GM : へう… では京さんのターン あ、姉さんは手札お願いね
賽川・秋嗣 : …少しは削れてる…よな…?
那岐田・京 : では…あえて全捨て待機!
GM : おおう どうぞー
那岐田・京 : ぶっちゃけ何も当てられそうにない!orz
GM : 3枚捨てて手札規定枚数までどうぞー
那岐田・京 : 行動終了っ
賽川・秋嗣 : あらま…カード運をb
GM : では凪斗君のターン
那岐田・京 : 5枚中3枚エフェクトなしって何…
蓬莱寺・凪斗 : うい京さまへ奏甲!
高瀬・洋恵 : どんまいー
GM : わぁー…それはそれですごい引きだね?<3枚Eなし
那岐田・京 : わーい
賽川・秋嗣 : どんまいね…
GM : では神秘カードどうぞ
蓬莱寺・凪斗 : を糸3枚ひくw
賽川・秋嗣 : 白燐凄い役に立つな~
GM : どうぞー
蓬莱寺・凪斗 : うがー
GM : 出なかった?
賽川・秋嗣 : ダメでした?
蓬莱寺・凪斗 : でたけどしかたないw
GM : なんかいいEつきだったのかな
賽川・秋嗣 : JAかなぁ
蓬莱寺・凪斗 : くそう・・・蟲いってやれ!
      【P】神秘3 (No.38)
那岐田・京 : すまないねぇ…(げふんげふん)
GM : では44回復の20upですねー
蓬莱寺・凪斗 : あい
賽川・秋嗣 : さて、食らうのは最後にしたいな…
GM : では再度カケルのターン!の前に凪斗君は1枚捨ててね
蓬莱寺・凪斗 : ぽい
GM : あ、ポジAだったけど全周です
      【リ】(No.10)
      【リ】(No.18)
高瀬・洋恵 : ひー
GM : 回避は術式10!
      【リ】(No.14)
      【リ】(No.6)
那岐田・京 : あわわわわ
賽川・秋嗣 : あ、その前に魔炎ー
GM : 幸運度回避OKです    あと魔炎は幸運度チェック忘れのぺナで食らいました
GM : これ20程度じゃ沈まないからね!
賽川・秋嗣 : ちなみに食らうとどうなったり?
GM : 100ダメージ
那岐田・京 : こんな所でやられるわけにはいかないのっ!(『信念』に突き動かされて回避行動)
      【E】Lucky! (No.12)
賽川・秋嗣 : ぶっ!こんな攻撃の『犠牲』になってたまりますかぃ!
      【E】Lucky! (No.37)
那岐田・京 : あ、糸使うの忘れてたー
賽川・秋嗣 : あ、私もだ…まぁいいや
高瀬・洋恵 : さすが怒りに満ちた攻撃はすさまじいこと……
      【E】Lucky! (No.14)
蓬莱寺・凪斗 : ええい!糸3!
GM : あ、出しちゃったからごめんなさいでいい? 凪斗君どぞー
GM : 前半は糸使いたかった2人宛てね!
那岐田・京 : うん、糸は残念で
賽川・秋嗣 : いいですよ~GMも忘れペナ食らってることだし
GM : うんうん ちなみに今何本位残ってるの?ずいぶん温存してたみたいだけど
蓬莱寺・凪斗 : くっ!
那岐田・京 : 18本…温存しすぎた…
GM : すごっ(ぶは
GM : 凪斗君大丈夫ー?よけられる?ガードおっけーだよ?
蓬莱寺・凪斗 : がーどっす
賽川・秋嗣 : 14本。雑魚が多いとたまりますね~おかげで助かってるけど
GM : ではガードどうぞー
GM : すごいなぁ…じゃあもっと圧力掛けて平気だね☆(Sか
蓬莱寺・凪斗 : こいつはちっとやべえか?(悲観
蓬莱寺・凪斗
      【P】術式1 (No.20)
高瀬・洋恵 : GMのいぢめっこー
蓬莱寺・凪斗
      【E】ガード (No.20)
那岐田・京 : いぢめっこめー
GM : では100からガード値引いてダメージどうぞー
GM : 『アァ、アツイ、イタイヨ…!メガアカナイ…ミエナイヨ…ドコニイルノ?』何かを探すように手を動かすと、呼ばれたように空から星が降り注ぐ!
GM : メ●オ!とかそういうのが聞こえてきそうだなと自分で思ってごめんね。
蓬莱寺・凪斗 : 64か
那岐田・京 : それ突っ込むか迷ったw
GM : ではくらっちゃってくださいなー
GM : やっぱりつっこみたくなるかw<迷った
賽川・秋嗣 : 凪斗は次自分回復ね! いいですとも!メテオだと物凄い絶望感がw
蓬莱寺・凪斗 : おういえ
GM : では秋嗣先輩のターン
賽川・秋嗣 : ん、糸3で。行動は「クレセントファングを少年に」
GM : どうぞー
賽川・秋嗣 : 術サポ2出てくれそうな人います?
蓬莱寺・凪斗 : 1だせる
那岐田・京 : 術1枚もない…
賽川・秋嗣 : 無理しなくてOKですんで~
高瀬・洋恵 : 術などござらぬ!orz
賽川・秋嗣 : んじゃ1サポが限界かな?
高瀬・洋恵 : だねぇ。
蓬莱寺・凪斗 : ねえ
賽川・秋嗣 : それでも当てにいける!『切り札』切ってる以上は負けない!負けられない!!
      【P】術式3 (No.22)
      【P】全能4 (No.1)
蓬莱寺・凪斗 : 秋嗣さんが攻撃ってのは奏甲した時からの予定さ
      【P】術式1 (No.26)
賽川・秋嗣 : これで12!どうだ!
GM : ガード判定!6+3で9!ガード失敗攻撃成功!
GM
      【リ】(No.15)
      【リ】(No.12)
GM : うぁぁぁ 当たっちゃったー!ダメージどうぞ?!
賽川・秋嗣 : 判で押したように98ダメが飛んできます
GM : どーん
高瀬・洋恵 : ……やったかな?
那岐田・京 : ん
蓬莱寺・凪斗 : む
賽川・秋嗣 : っふぅ、どうにかなった、か
GM : 空に輝く三日月の如く、蹴りは奇麗な半月を描いて少年に食い込む…!『アァ、ァァァアアア!!』叫びと共に、ざぁっと銀になり…風溶けた…
GM : ふと、その風の中、包帯もなく、はにかむように笑う少年の姿を見た。ような、気がした。
GM : 決め台詞どうぞ
那岐田・京 : …星、きれいだよ。せめて安らかに、ね…。
高瀬・洋恵 : あたしは仕事が遂行できれば、それでいい。……けど、天国の星空も、綺麗だといいわね。
蓬莱寺・凪斗 : ・・・まあ、良き旅を
賽川・秋嗣 : これが、あるべき姿だけど…気のせいで無いなら、救われるな。君も、私も(最後の一撃の感触かみ締めつつ
GM : 見送るように空を見上げる能力者たち…彼らの疲れをいやすように、夜風がやさしく彼らの髪をなでた…