※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM : 途中ご飯食べたりもしつつ、宇治商業につく頃にはもうすぐ放課後って感じの時間帯に。
高瀬・洋恵 : なら、ちょうど部活とか始まる頃かしら。
GM : グラウンドに出てきてる生徒もちらほらいるね
七瀬・北斗 : さて聞き込みかね~
GM : では、野球部っぽい風体のは主に一年生かな、グラウンドで整地したり草むしったりしてる。マネージャーはまだみたい
那岐田・京 : 野球部っぽいのはいるかな?
高瀬・洋恵 : 別にマネージャーが目的ではないがな!(笑 ほんじゃ、何か適当な一年生捕まえるか。
GM : では、隅っこにいるのに適当に声かける?
久郷・景 : ですね、話しかけないと始まりませんし
高瀬・洋恵 : そうね、坊主じゃないやつ。
七瀬・北斗 : 人当たりの良さそうな人どうぞ~
那岐田・京 : やっぱ坊主はだめなんだ(笑
GM : ここは公立なのでちょっときびしめだけど短髪の子ならいますねw 人もよさそうなのが…
高瀬・洋恵 : え、京ちゃんのために坊主省いたのに(笑
GM : 坊主がいいならよりどりみどり
那岐田・京 : 坊主やだー
立風・翔 : やっぱり駄目なのか。(笑
高瀬・洋恵 : じゃー一弥の次くらいにイケメンなやつを。
GM : なかなかそれは難しいご注文をw 声をかけると草むしりが嫌だったのか手を止めて立ち上がって歩いてきます
高瀬・洋恵 : よし、京ちゃんファイト。
那岐田・京 : 私かっ!
久郷・景 : 我々は遠くから生暖かい目で見守っています
GM : がんばりたまへー 気魄で脅して聞くのもあり
那岐田・京 : 他に選択肢はないのっ!?>気魄
GM : いや、いっぱいあるけど、手っ取り早いやくざな手段をとりたくなかったら…会話でうまく聞き出す:術5 たまたまその子が尊敬してた:神:6で
久郷・景 : ちなみに気だと幾つなんですか?
七瀬・北斗 : いきなりおどすのはちょっと(笑)

GM : 気魄7.
那岐田・京 : 術式がまったく無いのに…!神秘だと3までは出るからアシストが2欲しいところ

七瀬・北斗 : アシストは任せとけ♪早く使いたいのがある(笑)
立風・翔 : 神秘のアシストは1なら。
高瀬・洋恵 : 神秘2なら出るわよ-。でも出したい人優先で。
久郷・景 : 私も神3アシスト可能です
那岐田・京 : じゃあ北斗にお願いしよっかな!
七瀬・北斗 : 皆神あるんか(笑)ういす了解♪
高瀬・洋恵 : 秋嗣の立てるテーブルの札は自然に優しいのよ。
GM : 気魄お断り
七瀬・北斗 : 断んなw
那岐田・京 : 私近くの高校の新聞部員で、各校の野球部の取材してるんだけど、先輩について教えてくれない?(『柔和』な笑みを浮かべ)
【P】神秘2 (No.30)
【P】神秘1 (No.56)
GM : だって紅蓮撃とか強いしー(ぶー
七瀬・北斗 : センパイからせっつかれてるんでな。教えてくれると助かる(と愛想笑いで後押し)
【P】神秘3 (No.34)
GM : OK、成功ですね「先輩ってぇと…じゃない、先輩…ですか?えーと、だれのことだろ…」と、思い当たる節をいろいろと検索してみます
GM : ※ちなみに、三年はもう引退してる季節なんでこのままだと彼はずっと二年の範囲内で考えますよー
那岐田・京 : んと、たぶん3年の人だと思うんだけど、ピッチャーで有名な先輩っていない?
GM : 「有名…うん!あんた達もしかして今津先輩の取材にきてんの?!…じゃない、きてるんっすか?」顔をぱっと輝かせるよ。「あの人は、中学時代はすごかったからな~」
GM : 「いや、もちろん今だって…俺なんかに比べたら十分すごいんっすけどね…」
那岐田・京 : そうそう、その今津先輩だよっ
那岐田・京 : なんかオレオレ詐欺してる気分(小さくぼそっ)
GM : 彼は純粋なんで引っかかりますw
七瀬・北斗 : 悪い女にひっかかりそうな奴…(笑)
久郷・景 : 彼の将来が不安でならないですね…(苦笑
GM : 「いやー中学の頃は道沢今津の二枚看板で弱小チームを府大会決勝まで連れてったり…だけど…」道沢の名を出したところではっとなってちょっと陰のある表情になりますね

立風・翔 : とりあえず、例のライバルなのは確定か?(ぼそぼそ
高瀬・洋恵 : 二枚看板だったってくらいだから、可能性は高いと見てよござんしょ(ぼそぼそ
那岐田・京 : うん?どうしたのかな?その道沢くんがどうかした?
七瀬・北斗 : とりあえず「その道沢がどうかしたのか?」と先を促すぜ
久郷・景 : しかしその先がどうなったか…ですね(ぼそぼそ
GM : 「いや、あんまりこういうこと言っちゃいけないのかもしれないけど…中学の時はあの人、あの、だよ!あの道沢にバットをかすらせたこともなかったんだってさ…」
GM : 「だけど、高校でぐんぐん伸びた奴と、変われない自分…でも中学の幻影を捨てられなかった道沢はどうにも先輩にこだわってるところがあってさ…」
GM : 「先輩、最後の夏大会で道沢と戦う前に負けた後言ってたよ…『なんか、ほっとしたかもしれない』ってな…あの人だって、すごい人なんだけどな」
GM : ここまでしゃべって、「今のとこは、記事にしないでくれよ」と、念を押しますね
久郷・景 : ほっとしたかもしれない…何か意味深ですね。今津さんは何かを感じ取っていたのでしょうかね(ぼそぼそ
立風・翔 : あるいは、実力の差がはっきりするのが恐かった、とかかもな。(ぼそぼそ
七瀬・北斗 : 色々意味深だな…「なるほどな。ところで今津センパイにも話を聞いてみたいたんだけど今どこにいるんだ?」と居場所を確認しておこう
高瀬・洋恵 : これは生きてた頃の話っしょ? ついた差が浮き彫りになることもなく、彼の期待に応えられないことがバレずに済んだ、その安心感かもね。(もそもそ
GM : ※死んだことは公になってなくって知ってるのはあんたらだけです
GM : よーっと一応。この辺日がたってるから忘れちゃってるよね、やっぱり
GM : 「今津先輩は普通に学校来てて、もう帰るころだろ。なんだあんたらこれからいくのかと思ってた」
那岐田・京 : や、どこにいるのか分かんなくってさっ。もちろん先輩にも取材するよっ
久郷・景 : おや、どうやら例のピッチャーには会えそうですよ(ぼそぼそ
GM : 「ああ、正直今でもあの人はすごい人だからな…あのコントロールは誰にも真似できねぇと思ってるし…そこんとこしっかり書いてやってくれよ!」かなり真剣な目で京のほうを見るよ
GM : 「場所はそうだな…あんたら、顔知ってるのか?」
高瀬・洋恵 : 会ったこと無いからどんな感じか教えてくれると嬉しい、でどうよ。
那岐田・京 : うん、任せといてよっ。しっかり記事にしてみせるからねっ
七瀬・北斗 : ごめん全く知らない(笑)なんか特長とか教えてくれると助かる。
立風・翔 : ついでに一応クラスとかも聞いておければ良いかもな。(ぼそぼそ
七瀬・北斗 : 悪いようには書かねぇよ。任せときな。ついでにクラスとかも教えてくれると嬉しい(笑)
GM : 「しょううがねぇな…3-Cの…特徴は眼鏡で…」と大体わかりそうなところを教えてくれた「今の時間なら正門前で出待ちすれば捕まえられるんじゃねぇか?」
高瀬・洋恵 : 眼鏡属性なのか……意外な。
久郷・景 : どこぞの誰かがライバル心燃やしそうですね
立風・翔 : どこぞの誰かがな。
GM : 頭脳派なイメージでw あ、うん。長髪じゃないけど景にイメージ近いかも
那岐田・京 : ありがとっ。正門だねっ!さっそく行ってみるよっ
GM : そのころの秋:ぶぇっくし
那岐田・京 : 秋嗣3Pカラー登場?
GM : 長髪じゃないからw
GM : では正門で発見しようと思うなら神秘チェックで。出せたら通りがかったのを発見できます
立風・翔 : 神秘は皆して持ってるんだっけか。
七瀬・北斗 : さっき使ったんでもう無い(笑)
久郷・景 : そして京さん以外はほぼ使わないという
高瀬・洋恵 : 緑化運動推進中だからね(笑
GM : 緑に優しいGM~
那岐田・京 : 一枚だけならあるよ!


高瀬・洋恵 : あたしも一枚だけど、京ちゃんは使うかも知れないから、あたしが出そうか?
那岐田・京 : ん、じゃあお願いしていいかなっ
久郷・景 : 洋恵さんには是非赤を引いておいてもらいたいですしね
立風・翔 : 人当たりの悪い男子は後ろに下がってるんで、よろしく頼む。
高瀬・洋恵 : これはこれで勿体ないけど、もうすぐ廻るだろうし(笑  ふう……秋風が冷えた指先に痛い(?
【P】神秘2 (No.58)
七瀬・北斗 : ふぁいとー♪
GM : んじゃ、さっき聞いたとおりの風体の男の子が洋恵の前を横切る。眼鏡の175cmくらいで冷たそうな印象、結構かっこいい

七瀬・北斗 : さあ油断せずいこうとか言いそうな感じ?(笑)
高瀬・洋恵 : ここはぶつかって運命の出会いを演出……する気は毛頭無いので、普通に呼び止める(笑
GM : あーそうそう!おおよそそれでOK
七瀬・北斗 : あっとんかい(笑)
立風・翔 : 打球が全部ピッチャーゴロになるのか。(笑
GM : 「な…んですか?俺今日急ぎの約束あるんだけど?」
那岐田・京 : 前進(守備)せよ!だ!
GM : 回転で吸い寄せられるようにw
七瀬・北斗 : 約束?ちと気になるな。
高瀬・洋恵 : おぅ、聞いただけでは元ネタがわからない(笑
那岐田・京 : あ、そっちか(笑
GM : 私らが言ってるのはテニヌの王子様ね>洋恵
七瀬・北斗 : ヌて(笑)
那岐田・京 : 私はやたらブ厚いラノベのほうかと思った(笑
GM : あれはテニスじゃねぇ!
久郷・景 : 過剰を通り越してギャグになってるアレですか。
高瀬・洋恵 : あ、ミイラ男になった人?ならば知ってる。 さて、呼び止めたはいいが何も考えてなかった!どうしようw
久郷・景 : 京さんのは終わりのなんとやらですかね
七瀬・北斗 : あれで中学生だからな…(笑)もう取材で押し通すべし♪
GM : 「何もないなら行きますよ?どっかのがっこのおねーさん」
高瀬・洋恵 : ふむ、致し方ない。 すみません、私たち高校野球の取材をしております。お時間は取らせませんので。
那岐田・京 : そうそうソレソレ>景
GM : 「俺はもう引退したはずだけど…?帰りながらならいいよ」と、彼は貴方達が来た駅の方に歩を進める
GM : 洋恵以外のみんなは?
那岐田・京 : (こそこそ)
久郷・景 : おっとここは引き止めないと拙いですね
那岐田・京 : ↑追従中
七瀬・北斗 : 離れて付いていこう
立風・翔 : 隠れてついていこう。
七瀬・北斗 : っとと。約束の内容が気になるな。誰かと待ち合わせとかだと怖いんで確認宜しく~
久郷・景 : 出来る限りゆっくりと行きたいですね(こそこそ
高瀬・洋恵 : とりあえず妥協する振りしてゆっくり歩こう。 お忙しいところ失礼を。お急ぎのようですがどなたかと待ち合わせでしょうか。
GM : 「あぁ…まぁ、そだな」といささか逡巡したように空を見上げた後「負けに行く、のかな…派手に」とぽつりと独り言のようにこぼす
那岐田・京 : ビンゴっぽいね(ぼそぼそ)
七瀬・北斗 : うん。合わせちゃいけない奴との約束だ。どこでかを聞き出したいところだな(ぼそぼそ)
高瀬・洋恵 : 負け、ですか?(首を傾げる振り) 道沢の名前出しちゃっていいかなぁ。
久郷・景 : こちらから出しても不自然ではないとは思いますが…
GM : 「ああ、そ。負けに行くんだ…野球人生最後の負け。」洋恵に答えて 「あいつが、それで前に進めるんなら、な」小さく、独り言
GM、メモに気魄目標値と力づくでききだす、と表示します
高瀬・洋恵 : 他は!(笑
焦らないでー
GM : だけど、やりかたによってその後の印象と説得難易度が変わりますとだけ
気は力ずくで関係最悪、術は嘘ついて聞き出す、嘘がばれると説得困難に、神はお願いで一番後に禍根残さないような方法、と分けてみました。
高瀬・洋恵 : あたしは今のままだと術か気しか出せないわねぇ。
高瀬・洋恵 : 気はやりたくないわね。
那岐田・京 : 気は間違いなく関係悪化だよね・・・
GM : 応援よんでもいいよ
立風・翔 : 俺もあまり気魄は気が乗らないな。さて、どうしたもんか…
七瀬・北斗 : やるなら術かな~
久郷・景 : 後の事を考えると神もアリかも知れませんね
久郷・景 : 嘘がバレるともし後に絡んだ時に不利ですし…
七瀬・北斗 : んでは緑化運動伐採の路線で?
さすがに正解引いてくるよなぁ…
高瀬・洋恵 : そうね……ちなみにあたしは神だと糸引かないとないわね。誰か出せそうならそちらで。
久郷・景 : 一般技能会話術で術か神の達成値プラス出来ますか?
GM : 一応失敗したら術や気でやり直しもOKです。目標+1するけど
GM : 術ならOK
GM : 神秘は「お願い」があれば
久郷・景 : ふむ、結局神で行くとするとサポートが必要になりますか
立風・翔 : サポートなら出るぞ。っと、出した後は説得の内容も考えないとな…
久郷・景 : 術なら単独でいけますが、後の戦闘時に手札事故が起るやも…
高瀬・洋恵 : 術なら、いつでものエフェクトが可能ならあたしもいけるわね。神はアシストできないわ。
GM : エフェクトOKですんでー
久郷・景 : 了解です、では翔さんのアシストを貰って私が神で行きましょうか
GM : どうぞー
久郷・景 : 1あれば充分なので~
立風・翔 : ん、了解だ。
七瀬・北斗 : 手札無いんで応援~
GM : どうぞー
久郷・景 : 洋恵さん、探しましたよ。今取材している件で何か胸騒ぎがするとかいって先に行ってしまうなんて酷いですよ
久郷・景
【P】神秘3 (No.60)
久郷・景 : AWが思いの外難しかったです(吐
GM : 現れた景に特に驚く様子もなく振り向くよ「ああ、やっぱ貴方達もそうだったか」
高瀬・洋恵 : いや、これはうまくハマってると思う。
GM : AWはご苦労様、神秘って難しいよなぁ
立風・翔 : (一緒に現れて)おお、いたいた。俺だって話を聞きたいんだから、先に行くなよな。
【P】神秘1 (No.40)
GM : 「俺みたいなのに随分大所帯だな」と苦笑いしてます

立風・翔 : ネタな場面では簡単だったりするんだけどな、神秘は。<AW

七瀬・北斗 : 特に一番右がネタ用(笑)
久郷・景 : いやいや、中学時代の活躍には目を見張りますからね、これから先も期待させて貰っているんですよ(微笑
高瀬・洋恵 : ドジは秋嗣に吸い寄せられてるわよね。
GM : 「ありがとうございますっと…先ね…」
久郷・景 : さて、洋恵さん。お話はどんな感じの所まで訊けましたか?
GM : いや、京も結構どじっこだったりな記憶が
高瀬・洋恵 : よく見たらまだこれから待ち合わせってことしか聞いてない(笑 でも、野球人生最後の勝負で負けに行くって言ったわね。
GM : 「ああ…ちっとしゃべりすぎた、かな」
久郷・景 : ほほう、それは興味深いお話ですね。出来れば詳しく聞かせて貰えませんか…。
GM : 「……何かの縁だし、誰かに聞いて欲しかったのかもな。今日の午後九時…斉太…道沢だな、綾部総合の。そいつと一打席勝負するのさ。」
GM : 「俺なんてもう及ばない大打者になったのに…迷惑なんだよなホント。それでも俺に勝ってないからって、だから。負けに行くのさ。あいつの幻想を破って、送り出してやらないと…」



久郷・景 : ふむ、ビンゴですね。これは何とかして引き止めたい所ですが(ひそひそ

高瀬・洋恵 : ……負けに行くって志は感心しないわね。気持ちの伴ってない相手に勝って、靄が晴れると思ってるの? そんなんだったら、試合なんて先に延ばした方がマシだわ。
GM : 「…かもしれないけどな。いや、晴らしにいくのかもしれないな。打たれることで、俺自身の靄を晴らしに。」逡巡してます

七瀬・北斗 : その路線でいくなら勝つ自信が出るまで特訓したらどうだ?って方向に持って行くか?
立風・翔 : …ふむ、なるほどな。もし迷ってるなら、少し考えてからにしてみたらどうだ?
高瀬・洋恵 : かつて二枚看板と言われたあんただからこそ、実力で勝ちたいって思いが向こうにあるんでしょうよ。あんたは違うわけ? 少しお互いの気持ちを考えて出直したらどうなの?
GM : 「…今のままではあいつに失礼、か。素人が何を知ってるか知らないけど言ってくれるね」
高瀬・洋恵 : ……うっかり本音のままに喋ってたらメモが増えてることにいま気づいた(笑
GM : いや、ちっとやりたいことがふえたんで
GM、ちょっと思いついてメモに書いた説得の目標値を消して書き直します
高瀬・洋恵 : 野球は知らないけど、勝負は素人じゃないわよ。自分と常に高めあってきたライバルがそんな後ろ向きだったら、あたしは戦わない方がマシだわ。
GM : おもむろに上着を脱ぐとグラウンドのほうに向かうよ「は、実力ってのはアンタが思ってるほど簡単に埋まるもんじゃないし、敗北者は戦わないほうがみじめだってことがある。」
GM : 「実力でかたりな。俺の球が素人に打たれるようなら考えてやる」
高瀬・洋恵 : へ?
七瀬・北斗 : だったらその素人の力試して見るか?今のお前なら俺でも勝てるぜってパターンだなこれりは(笑)
七瀬・北斗 : ビンゴだよ(笑)
立風・翔 : おっとぉ、こいつは熱い展開だな。
GM : 北斗君ビンゴ
久郷・景 : …どうしますか、流石に我々でも元中学エースの球を打つのは難しいと思うのですが…。
高瀬・洋恵 : (確かに熱くなってはいたがバットなんて(ゴースト)撲殺用途以外に握ったことないよ!(笑
GM : 「磨いて磨いて磨いてこれだ。これが才能ない奴の惨めな球、それすら打ち返せないなら、勝負に口を挟むな」
GM : こッそーりイグニッションするのもOKです
GM : 目の前で後輩を呼んで投球練習しますね。判定は能力値で「さぁ、だれでもいいさ。」
七瀬・北斗 : 面白ぇやってやるぜ…って出て行っていいものか(笑)
GM : OKOK
GM : そもそも北斗や京の事にも気づいてるし
高瀬・洋恵 : いいでしょ、やってやるわ。皆でボコボコに打ちまくってあげるわよ。
七瀬・北斗 : んじゃやってみよう(笑)「ならここで俺が打ち砕いてやるよ」…ってやっていい?皆(笑)
GM : 勝負は一人ね
立風・翔 : いかんいかん、手がうずいて仕方が無いが、ここは俺の出る幕じゃないな。
久郷・景 : さーて、イグニッションせずに正々堂々といくか、それとも…どうしましょうか?

七瀬・北斗 : 正々堂々いってみようか。因みに自信は(手札的に)滅茶苦茶ある(笑)ボス戦からっきしになりそうだけど(笑)
GM : 判定はこんな感じ。一応まっすぐなら打てないこともないかも
高瀬・洋恵 : 行きがかり上やりたくはあるけど、北斗がそういうなら男同士で花を持たそう。
七瀬・北斗 : いや。やりたい人でもいいと思うぜ~♪
高瀬・洋恵 : いや、イグニッションかアシストがないと足りないし(笑
久郷・景 : 私は言うに及ばず
立風・翔 : ここは七瀬に思い切ってウイニングショットを打ちにいってもらおう。(笑
七瀬・北斗 : こっちもアシストに回るって手もあるしな。…ひょっとして女にやられた方が自信が砕かれそうな気もする。粉微塵という気もするけど(笑)
高瀬・洋恵 : まあ女に打たれたら立ち直れないかも……ちなみに気なら、正々堂々でもアシスト2あればいける。
七瀬・北斗 : んじゃ高瀬センパイに任せようか。ここまで盛り上げたの高瀬センパイやし。因みにウイニングショット狙いでお願いしやす(笑)
久郷・景 : では、ちょっと可哀想ですが、彼には更なる挫折を味わってもらいましょうか。
七瀬・北斗 : 合掌(笑)
高瀬・洋恵 : それはあたしの自信が粉みじんよ!(笑>ウィニングショット
GM : 「あんたか…手加減はしないさ」そんなことを言われてるとは露知らずw
七瀬・北斗 : 神秘のカード一枚でも出してくれたらアシストで後押しできるんで任せれ♪
高瀬・洋恵 : いや、だから神はないんだってば(笑
七瀬・北斗 : …糸で(笑)というかルールがいまいち掴め無いんだけどこっちで打つ球選択していいのかなGM。
GM : あ、だいじょうぶです
GM : 打つ球絞ってればどこかで少なくとも一球投げてくるってことにしてるんで
GM : それをばちこーんと
高瀬・洋恵 : うーん、糸引いて神が出なかったら失敗扱いよね? ……展開的にここは勝負に出るべき?
GM : 糸引いて出なかったら失敗だねぇ
七瀬・北斗 : なる。なら何でもアシストできるんでどぞ♪
高瀬・洋恵 : い、糸を引きたいがここで失敗すると非常に厄介……ぬおおおお
GM : ふはははお任せするよー
立風・翔 : …ちなみに、七瀬のアシストはいくつまで出るんだ?
GM : 北斗大丈夫?ってかこの後ラストバトルなんだけどいったんセーブしたほうがよさそうねorz
七瀬・北斗 : 4いけるぜ?お望みとあらば更に+5いけやす♪
高瀬・洋恵 : ……よし。北斗、気魄のアシスト2頼む!(笑
七瀬・北斗 : らじゃ(笑)
GM : なんだウィニングショット考えてたのにw
高瀬・洋恵 : 命がかかってることだし確実に。よく考えたらウィニングショットってよく知らないし(笑
七瀬・北斗 : 確かに>命
立風・翔 : どうしてもウイニングショットで行きたいなら、七瀬が自分で行けば確実って所だな。
GM : ウィニングショットってのはピッチャーの一番自身ある球ー
久郷・景 : いわゆる必殺の決め球ですね。普通にストレートの場合もありますよ。
七瀬・北斗 : けど俺だとイグニッションしても神秘あと1足りない(笑)
GM : まぁ彼は見ての通りストレートじゃないっぽいんだけどね
立風・翔 : ウイニングショットはフォークと見た。(笑
GM : では、だせそうかな?
七瀬・北斗 : 必ずピッチャーゴロにさせる弾だきっと(笑)
GM : 今津ゾーンw
高瀬・洋恵 : よかろう、では本職の気魄で勝負してやるわ。
久郷・景 : 投げた球をバットに当てるんじゃないんですか?
七瀬・北斗 : それは既に過去破られた球っす(笑)>バットに当てる
GM : ではでは、大きなカーブ、外を掠めるスライダーと難しい変化球がコーナーに決まった後に…洋恵の胸元、内角いっぱいに決まるストレート。打てないボールじゃない!
久郷・景 : では無回転の球がバットを避ける魔球ですね。っとさて、どうなりますかね。
高瀬・洋恵 : ……仮にも『友情』ってもんがあんだったら!相手に自分の最高を持って応えやがれ!(渾身のフルスィング
【P】気魄1 (No.14)
高瀬・洋恵
【E】パワー反転 (No.53)
GM : 洋恵の鋭いスイングにボールはジャストミートし、打球は目の醒める様な快音を残してフェンスに直撃する。
七瀬・北斗 : てめぇにゃ覚悟が足りねえんだよ!とアシスト
【P】気魄2 (No.5)
高瀬・洋恵 : ちょうどいいAWが巡ってたなぁw
GM : ホームランじゃないけどその衝撃はフェンスに食い込まんとするほど。周りの一年が「何があったんだ」って感じでこっちを振り向いてる
七瀬・北斗 : 狙ったかのように(笑)
七瀬・北斗 : つか京起きてるかー?
GM : 危うい気がしてるんだw
七瀬・北斗 : やっぱり?(笑)
GM : そして、今津は…「…やはりストレートか…ここまで、ここまで、俺は…」打球をみて、うわごとのように呟いてる。
GM : その背中はとても小さく見えた…
GM : なのでここ終わったら切ろうかと…
久郷・景 : やぁ、流石洋恵さん。お見事ですね(ボールが飛んだ先を見ながら

高瀬・洋恵 : なんであたしに打たれたかわかる?【勝つ気持ち】が込められてないからよ。ライバルが求めてるのはそれなのよ。
GM : 「……気持ち…そんなもので打者が抑えられるなんて…思ったことなかったさ、くそ…」
七瀬・北斗 : まあ鈍るのは仕方無いわな。だけど今のおめぇ見たらあいつがっかりするんじゃねえかな?人に目標にされたら応える努力も要ると思うぜ?
GM : 「かも、な…もっと早く、気づくんだったな。どこかでもう敵わないと思った日があった、その前に」
GM : 「いや、今からでも遅くない、よな」
久郷・景 : 勿論ですよ。自分で天井を決めず、ひたすらに上を求め続ければ結果は出ますよ。
七瀬・北斗 : おめぇならやれるさ。やってみな。
GM : 「簡単に、言ってくれるよ…でも、ありがとう…そういえばどこの誰かも聞いてなかったな」
高瀬・洋恵 : 自分が遅いと思わなければ、遅すぎることなんて何もないわ。
GM : 「遅いと思ってたんだが、気が変わった。『勝負』できる日までお預けさ。あいつはすっぽかしたって怒鳴るだろうけどな」吹っ切れたように、笑顔
高瀬・洋恵 : ふぅ。本来の目的を忘れかけてたけども、あたし達は単なる高校野球ファンです。
GM : 「ファンに打たれたのか。…なっさけねぇ。…大学野球とかも見ててくれよ」
七瀬・北斗 : 昔のおめぇ達の話聞いてファンになった只のお節介さ。これからの活躍楽しみにしてるぜ。
久郷・景 : えぇ、貴方の活躍を見られる事を期待していますよ。
GM : 「ああ、あいつがプロなら…俺は回り道してでも、同じ土俵に行けなくても、胸張って勝負できるだけの奴になってやる」
GM : 「と、そうだ…」
GM : 「あいつに断り入れなきゃいけないんだけど…どうするかな。ここ二、三日携帯繋がらないし」
七瀬・北斗 : 道沢にも会って見たいと思ってたところだし俺達が代わりに伝えといてやるよ。待ち合わせはどこだ?
GM : なんだかパシらせるみたいで悪いな…綾部総合グラウンドに21時。あいつには5年は早いって伝えといてくれよ。
高瀬・洋恵 : なかなか言うのね。しっかりハッキリ伝えておいてあげるわ。
七瀬・北斗 : 了解だ。任せときな。…今の気持ち、忘れるんじゃねえぞ?
GM : 「それくらいまでにモノにならないと、な。俺が…さって、久しぶりに自主トレさせてもらうか」そう言って彼は監督のほうに練習の許可もらいに向かっていきます
GM : 「今日ほどの屈辱は、忘れはしないさ。じゃぁ、また…あんたらにも勝たないとなー」
久郷・景 : お話を聞かせてくれてありがとうございました。またいつかお会い出来るといいですね・
GM : ん、振り返らず片手を挙げて応えるよ
高瀬・洋恵 : ふぅ。これぞ青春、熱く、爽やかなエンディングだったわ……
立風・翔 : (見届けて)…いや~、良いねぇ、こういう展開ってのは。ついつい見入っちまった。
GM : まだ仕事のほうは終わってないけどねw でも8割がた成功かな
七瀬・北斗 : 終わってない終わってない(笑)さてと。場所も聞いた事だし向うとすっかね。