C_Sharp_Exception


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

例外

概要

例外もクラスの一種である。
制約事項にあるように、特定のクラスから派生される派生クラス。
この派生クラスのインスタンスをthrowキーワードで指定することにより、
独自の例外を発生させることが出来る。

制約事項

System.ApplicationExceptionクラスから派生させなければならない。

ApplicationExceptionクラスは、固有の例外を作成する必要がある際に用いられる。

使用上の注意

try-catchはオーバーヘッドが大きいので、使用すべき場所で使用する(予測が立てにくい処理)