鹿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み しか

<前説>

シカ(鹿)とは哺乳類 鯨偶蹄目(クジラ偶蹄目) シカ科に属する動物の総称である。ニホンジカ、トナカイ、ヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林に生息している。 シカ科に属する動物は草食性で牛のように4つに分かれた胃をもち、反芻による消化を行う。オスは枝分かれしたツノをもつ。多くのシカ科のメスはツノをもたないがトナカイはオスメス共にツノをもつ。 ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯があり生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は皮膚がもりあがってつくられるもので毎年生え替わる。角は触ると硬いが、水につけていると自然と軟らかくなる。 縄文人たちはこうする事で角を釣り針や矢じりなどの自由な形に加工していたと考えられている。体の大きさは体重6~8kg程度のプードウー(チリ、アルゼンチンなどに生息)から、体重800kgにも及ぶヘラジカ(ムース)まで様々である。 世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある(カモシカも参照)。 ちなみにカモシカはシカ科ではなく、ウシ科に属する。 またシカは稲のまだ柔らかい芽を好んで食べるため、農家の人達は田んぼの周りを柵で囲むなどの対策をする。

利用

牛・豚・馬などの皮革に比べて鹿皮は薄く柔らかいため、なめして細かい加工を要する手袋などに適し、ときに柔らかい靴やソファーなどの材料となる。また、枝角はナイフの柄やボタンなどに用いられている。

伝説・逸話

・ギリシャ神話では、月の女神アルテミスの水浴を見たアクタイオーンが鹿に姿を変えられている。
・道教の伝承に登場する仙人がしばしば乗騎とするのが白鹿である。太上老君は青牛を乗騎とするが、白鹿を乗騎としたという伝承もある。
・クリスマスにはトナカイがサンタクロースのソリを引くとされる。

by くま
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。