猫類


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネコ

動物、哺乳類の一種。

ネコ(猫、学名:Felis Catus(フェリス・カートゥス))は、世界で最も広く飼われているネコ目の小型動物です。

もともと、ねずみを捕獲するために飼われ始めたヤマネコを家畜化されたものといわれています。

広義には、「ネコ」とはネコ類(ネコ科動物)の一部、またはその全ての獣を指す総称である。

家庭種の「イエネコ」に加えて広義のヤマネコ類を含み、英語のCatと同様トラ・ライオンなどの大型種を含む全てのネコ科動物を指すことがある。

猫は夜活動する夜行性で耳がとてもいい。

起源

見た目からリビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)が原種とされており、「ミトコンドリアDNA」の遺伝子解析からも、それを裏付ける結果が発表された。

同じくペットとしても一般的なイヌ(Canis lupus familiaris)と比べると、人間に飼われ始めた時期は遅い。

身体能力

概要

体の大きさは他のネコ科の他のほとんどの動物に比べて小さい。

体重は2.5~7.5Kgの範囲に収まるものが多い。大型の物では、体長75cm、尾長40cm、肩高35cmに達する。

待ち伏せ捕食者

                                                      猫コネコ

 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。