カンディル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

カンディルは、なまずの仲間で、アマゾンなどの熱帯地方に生息している。肉食淡水魚の総称である。

生態

カンディルは他の大型魚のえらから侵入し、吸血したり肉を食いちぎりながら、さらに奥に侵入したりする性質がある。

アンモニアに反応して襲ってくるため人間の尿道から侵入すると言われ、生息地では恐れられている。

種類

トリコミュクテルス科

バンデットカンディル

全長10㎝ほどで、黄土色に黒縞模様が特徴。頭部が押しつぶしたように平べったくなっており、魚のえらから侵入しやすくなっている。

セトプシス科

バイオレッドカンディル

全長20㎝程の大型で、鯨を思わせる丸い頭が特徴。エラや排泄口から侵入するトリコミュクテルス科とは違い皮膚に噛み付いて穴をあけそこから侵入する事がある。



製作者:百鬼丸
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。