※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み はぜ

<種類>

2100種類以上が全世界の淡水域、汽水域、浅い海水域のあらゆる環境に生息し、もっとも繁栄している魚のひとつである。都市部の河川や海岸にも多く、多くの人々にとって身近な魚に挙げられる。

<生態の成長>

1cm足らずのゴマハゼから、50cmを超えるハゼクチまで種類によって差があるが、よく見られるヨシノボリ、アゴハゼ、マハゼなどはいずれも5-15cmほど。 ゴマハゼの仲間は日本最小の脊椎動物。

<繁殖期>

オスが巣穴にメスを誘い、産卵をおこなう。巣穴は自分で作ったり、エビやカニの巣穴、捨てられた空き缶など種類や環境によって様々である。産卵後はオスが卵を守る。

<生息地表>

場所

種類

サンゴ礁 ハタタテハゼ、ネジリンボウ
岩礁海岸のタイドプールなど アゴハゼ、ドロメ、チャガラ、キヌアリなど
内湾の砂泥底 マハゼ、ウロハゼ、ヒメハゼ、イトヒキハゼなど
干潟 トビハゼ、ムツゴロウ、ワラスボ、ハゼクチなど
汽水域 ゴマハゼ、ミミズハゼ、シマハゼ、アベハゼなど
海と川を回遊 チチブ、ヨシノボリ、シロウオ、ウキゴリ、ボウズハゼ、カワアナゴなど
淡水域 ドンコなど
by くま
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。