タカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここではタカの紹介していこうと思います。

タカとは?

鷹(たか)とは、タカ目タカ科に属する猛禽類の鳥のうち比較的小さ目のものを指す通称である。
オオタカ、ハイタカ、クマタカなどの種がいる。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲, Eagle)
小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けているが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているに過ぎない。
縄文時代には食料として考えられており。その後医薬品、鷹狩など人間の生活に少なからず関連している。
どのグループのタカも軽快に飛び、空中あるいは地上の獲物を襲って鋭いつめのある脚でつかまえ
鋭く曲がったくちばしで小さく引き裂いて食べる。
雌雄異型の種が多く、一般に雌のほうが大型である。また雌雄異色の種も多い。
ほとんどの種が高い木の枝に巣をかけ、1 腹の卵数は 1 ~ 6 個。ミサゴ( イラスト )は魚食に適応し
外側のあしゆびは前向きにも後向きにもなる。
トビとチュウヒ類は細く長い翼をもち、沼沢地や草原の上を飛びながら獲物を求める。
短かめの丸い翼をもつハイタカ類は森林の中で鳥をつかまえる。
ノスリ類は幅広い翼と尾を広げて帆翔 (はんしよう) し、高空から地上の獲物をさがす。
タカ類は、ワシとともに力の象徴としてたいせつにされることが多いが
一方では狩猟鳥であるキジ・ライチョウ類やカモ類を減少させるものとして、狩猟者にはきらわれている。
このため各国で法律により保護されるようになるまでは、不当に狩られる時期が続いた。
現代では生息環境の悪化もあり、ほとんどすべての種にわたって減少している。

タカと人間の関わりについて

・縄文時代の遺跡からはタカ類の骨が発見されており、当時は人間の食料であったと考えられている。
・タカの糞は「鷹矢白」(たかのくそ)として、医薬品として用いられた事がある。
・タカ科及びハヤブサ科の鳥には優れた狩猟能力があるので古くから多くの国で鷹狩を行っていた。
・モンゴル、中央アジアなどで「鷹」という言葉が力のある者の象徴として人名に使われた。

鷹狩について

鷹狩とは鷹などの鳥を使った狩猟の一種。タカ科やハヤブサ科などの鳥を訓練し、鳥類やウサギなどの
小動物を捕らえさせて餌とすりかえる。主の元に運んでくるというのは俗信である。
こうして鷹を扱う人間を「鷹匠」と呼ばれる。
鷹狩については中央アジアないしモンゴル高原起源と考えられているが発祥地と年代についての定説はない。
鷹狩についての地域はユーラシア、北アフリカ全域で独自の鷹狩が行われていた。

鷹の民俗

鷹はときにワシやハヤブサと混同され、太陽、光、力、速さなどの象徴に用いられるが、とくに〈高貴〉の属性が強調される。
エジプトのヒエログリフ (聖刻文字) では〈神〉を意味し、同地ではこれを殺すと死罪になったという。
ホルス、アポロン、スフィンクス、ロキをはじめ、太陽や火にかかわる神々を象徴する。
ギリシア神話では、アルテミスに娘を殺されたダイダリオンDaidaliヾnが悲しみのあまり正気を失い、
パルナッソス山の頂上から身を投げたが、アポロンによって鷹に変えられたと伝えられる。
太陽の象徴といわれるアポロンにささげられる霊鳥キルコスkirkosは鷹かカラス、あるいはハヤブサと考えられており
太陽神ヘリオスの娘キルケとともにこの鳥の鳴声に由来する名といわれる。
鷹はまた霊魂を表し、中世の宗教画ではウサギやスズメ (肉欲の象徴) を引き裂く姿が霊の優位の隠喩に用いられる一方
キリスト教図像学では〈ねたみ〉を表現する鳥ともされる。
猛禽類であるために狂暴、残忍などの悪いイメージがないわけではなく、ヘブライでは不浄な鳥と考えられた。(《レビ記》11 : 16 など)。
古代ギリシア・ローマの鳥占いにおいても重視され、大プリニウスは《博物誌》の中で片脚が不自由な鷹が現れれば
結婚の取決めや家畜の入手に吉、海戦においてノスリが主戦艦に飛んでくれば吉などと例示している。
さらに中世にあっても吉兆の鳥とされ、 鷹が広間に飛び込んでくれば幸福な生活が送れるとして喜ばれた。
また鷹の羽は風を生む力、あるいは生命の象徴に用いられる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。