アロワナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アロワナとは、アロワナ目アロワナ科アロワナ亜科 Osteoglossinae に属する大型の古代魚の総称。


分布

南アメリカ、オーストラリアおよび東南アジアの淡水に生息する。

特徴

体長は60~100cm。

淡水域に生息する魚のうちでも大型に成長する種類のものが多く知られている古代魚である。

下あごがせり出したような大きく開く口が特徴的で、体半分より後ろに背びれ、尻ひれ、下方に延びた胸ひれを持つ。

食性

主に小型の魚類や昆虫などを捕食する肉食。

飼育環境下では和金の幼魚や小魚の生餌だが、人工飼料を食べることもある。

たまにコオロギやミルワームなどの昆虫も与え栄養のバランスをとる。

代表種

・シルバーアロワナ

・ブラックアロワナ

・ノーザンバラムンディ

・スポッテッドバラムンディ

・アジアアロワナ

飼育

熱帯魚のため、温度管理には気をつけなければならない。

成長すると100cmほどになるため、最低でも150~200cm以上の水槽で飼育するのが好ましい。

アロワナは肉食で河川の生態系を崩す恐れがあるため、成長して飼育が難しくなったからといって絶対に放流してはならない。


by大佐

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。