クジラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クジラ

クジラ目(鯨目、Cetacea)は、哺乳綱ローラシア獣上目鯨偶蹄目の一グループ。

「鯨目」は「くじらもく」とも「げいもく」とも読まれる。

クジラとイルカが含まれる。ただし、それぞれは系統学的グループでも分類学的グループでもなく、

ハクジラの一部の小型の種がイルカとされることが一般的である。

かつては哺乳綱を構成する目の一つであったが、ウシ目(偶蹄目)と統合された結果、鯨偶蹄目の下位分類となった。

ただし、クジラ亜目などと言われることは希で、依然としてクジラ目と呼ばれることが多い。

呼称

和名

日本語の「クジラ」の語源については、

大きな口を持つことから古来「口広(クチビロ)」と呼んでいたのが転訛して「クヂラ」となったとする説、

体色が黒と白に色分けされていることから来る「黒白(クロシロ)」に由来するという説など、諸説がある。

学名・外国語名

クジラの学名(ラテン語)Cetus や星座名の Cetus はギリシア語のκῆτος (kētos。ケートス。

「海の巨大な怪魚、鯨」の意)を語源とし、そのラテン語形であるcetus(cētus。ケートゥス)に由来する。

学名を仮名に転写するなら「ケトゥス」。英語では「スィータス」と発音される。

「ケタス」「セタス」はいずれも日本語による慣習読みである。

ページ制作:猫コネコ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。