apmayfes2010 @ ウィキ

2月@ルービックキューブ班


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



'10 2/18

ソフト組とアーム組で集まりましたー。

(1) ソフト組で決めたこと。
  • 手解法擬似コード化役割分担(真ん中3*3ブロック揃えるまで→竹内、それ以降→相浦)
  • Cube Explorerのコード解析分担(主に松田、3年生もやる)
こんな感じ。とりあえず実際に書いてみるor話してみるまでは話すネタも正直ないかねー。
2年生に期限つきの仕事を任せるのは今はやらないけど、相浦と竹内で適当に期限決めて早めにコード書きましょう。
って感じ。

(2) アーム組で決めたこと。
試作品作業開始。とりあえずサーボ2個+簡単なタミヤのキットを買って作業開始。
橋本曰く簡単なギアなら組めたという話。精度が気になるところであるが…?

(3) その他
とりあえず一時的な金出資者との交渉は成功。作業体制には移行できる。
が、領収書の宛名の問題は大いに残る(宛名空欄を許可しない店もあるみたいだしなー)。
宛名の問題は早めに解決するようこっちでも頑張ります。
…が、我々の班で企画書を完成させないことにはこれらの目星をつけることはできないから、さっさと提出しよう(という班長のメモ)。
企画書の方は一応パーツリスト以外はだいたい完成している。

'10 2/16 試験明けミーティング

皆様来てくれてありがとうございました。
で、話した内容の復習をば。

1. 作業予定の全体合意

2月16日~3月8日の作業予定の確定。
ルービックキューブ班 TIPSに挙げてあるスケジュール表に沿って作業することに。
(↑みんな見といてね!)

当面はアーム、回路、ソフトの担当に分かれて作業することに。
割り振りはこんな感じ。

アーム 殷、加藤、川崎、中川
回路 橋本
ソフト 相浦、竹内、松田

ただし、自分の作業のみ関わるのではなく、手が空いていたら自分の所属外のパートの仕事にもどんどん手を伸ばしていきましょう。
また、2年生は基本的に3月の試験勉強を優先した上での参加でお願いします。

今後の作業に関しては、基本的に上記パートごとに集まる日を決めて作業する感じで。
かつ、何かしら作業をしたらwikiに報告&班長にも一応報告お願いします。

2. 予算

企画としてそろそろ予算の見積もりを出す必要があるので、ハードの部品で何が要るか、暫定の設計案とともにおおまかでよいのでリストアップする必要が出てきました。
だいたい1週間以内には、(後々の変更があってもよいので)見積もりが出せるようにしてください。

3. その他もろもろ

いろいろ明らかになったので書いておきます。
作業場所:だいたいは計数控室(or 自室)、アルミを切ったり工具貸出とかは6号館地下工作室
現在の予算詳細:三津澤たちの働きにより、1班につき上限20万円までは用意できる状態みたいです。だからうちの班は大丈夫なはず。
領収書宛名:ひとまずは宛名空欄のままで。買い物をする際は事前に班長に連絡下さい。

4. 作業構想図

1月末のミーティングの際に「この図うpるよ~」とか言ってずっと放置してた。
本当にごめんなさい。
手抜き感溢れる図ですが、このページの一番下の添付ファイル「ルービックキューブ班作業構想図ver.2」ってやつをご覧ください。

なんか2つファイルがアップされてますが、ver.2がついてない方は見なくていいです。
編集の都合でアップしたファイルが消去できない。。。

以上が全体連絡。ここからソフト組への連絡。

ぶっちゃけて言うと進展はないです。
とりあえず松田君にいろいろ頼んでみた。

  • ルービックキューブのお勉強(尼で購入、簡単な解法の習得)
  • Cube Explorerのコードの分析

2月16日~3月8日までの作業進行の予定として
  • 手解法の擬似コード化
  • Cube Explorerのコード解析
を分担、並行して行う感じで。
基本個人プレー、週2程度で集まって進捗状況報告、みたいな感じか?
擬似コード自体は意外とすんなり書ける気がするが、ここでのミスが後々のデバッグに響きかねないので、それなりに作業工程を決めておきますか。そこら辺は相浦も揃った次回のMTGにて。

次回のソフトの集まりは

2/18(木) 11:00~

でお願いします。アームの人もこの日に集まるっぽいのでいろいろ進めましょう。



'10 2/8 どうでもよさそうなことですが

意外と重要かもしれない、キューブのメーカーのお話。
意外と知られていないけど、実はメーカーはいろいろあるみたい。
メーカーごとに仕様や大きさ(それに一応色も)が異なるので、アームの設計時には地味に大きく関わる。
作業前にどのメーカーを使うかきちんと決めておきましょう。
(以下、キューブのサイズ、重量等の情報は5*5*5キューブのものを指します)

メガハウス

ごぞんじ、日本のおもちゃ屋とかでよく売ってるキューブのメーカーがこれ。
竹内が持ち歩いている5*5*5キューブのメーカーもこれ。
ただ、ご存じの通り、耐久性や回しやすさなどの仕様が微妙すぐる。。。すぐ歪むし。
普通に使う分には全く問題ないけど、この企画で使うにはちょっとまずいかも?
商品サイズ:68×68×68 (mm)

v-cube

前年度の解法部設計者の方が愛用しているらしいキューブのメーカー。
一応現物を確認しましたが、確かに歪まない回しやすいこれはすごい。
竹内が注文しときました。たぶん2月16日までには手元に届くはず。
立方体の一辺の長さ : 65mm 重量 約198g
メガハウス製より少しだけ小さいのが悩み。

Eastsheen

これも回しやすい…みたいだけど、キューブのサイズの小ささはこの企画では致命的。
たぶん却下でしょう。
サイズ 立方体の一辺の長さ : 60mm 重量 : 121g

Edison Cube

大きさはたぶん一番良い。ただその分重いみたいだし回しにくいのかなあ。
数量限定というのもあまりよろしくない。
サイズ 立方体の一辺の長さ : 70mm 重量 : 325g

とりあえずはメガハウスかv-cubeかで統一するのが一番安全でしょうか。
v-cubeの現物を見てから考えましょうか。

ちなみに上記キューブはtriboxっていう日本のキューブグッズ通販会社でわりと簡単に手に入るみたい。
潤滑油の調整済の状態で配送されるらしい。サービス素晴らしいね。
http://tribox.cart.fc2.com/

<P.S.>
次回のミーティングは前回伝えた通り2月16日の12時で。
3年生の情報理論の試験直後は都合が悪そうな人が複数いるので、今回はこの日程で。


'10 2/4 次回のMTG連絡

試験勉強なんざやってられるか!wiki更新だ!
明日3科目試験あるけど未だ全く試験勉強してない班長ですどうも。

というわけで、特に話すネタはないけど次回のMTGについて。
次回のMTGは2月16日(火)にやります。3年生の試験終了のちょうど次の日ですね。
班員の皆さまはこの日に来れるか否か竹内にまで連絡ください。

次回のMTGでは、
  • これからの作業予定の共有
  • 各作業パートへの分担決定
あたりを目標としております。
このあたりで班員全員で一度認識を整えておきたいので、できる限り皆さま来てくださいな。

それでは連絡よろしくです。

カウンター

total today yesterday
- - -

カレンダー

前月 2017年8月 翌月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


最終更新日時

0000-00-00 00:00:00