※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 特徴
闘神シード。
闘神大会で優勝した彼は、瑞原同情の跡取り娘の葉月との仲を認められ道場の跡継ぎとして正式に認められた。
だがシードの尽きない向上心は、修行の旅に出ることを決意させる・・・・・

  • キャラクタースタイル
前作から技性能が大幅に変更されたキャラ。過去の名作、闘神都市2の主人公。
前作とはうってかわって全体的に火力が大幅に上がり、ダッシュ技の性能が悪くなっており、自分から攻めるのではなく隙を見ては近付き一発を狙うキャラ。
瑞原奥義「天の剣」は空中技ではなく無敵対空の地上技となり、必殺技に簡易系の天の剣も出来た。
剣士系にしてはリーチが短めであり、いかにして相手に近付くかが勝負の分かれ目となる。
出も弾速も遅いが威力は抜群の光の槍で相手を威嚇し、隙を見ては飛び込み破壊力満点の風の剣を叩き込むのがメインスタイル。
中距離では烈の剣で壁を作ったりし、簡易ブレーキで黒の波動を前方に残したまま近付いたり出来る。
足元がお留守の相手には下段の突進技の参の弐・改を叩き込もう。
シードの一番の強みは対空性能の良さにあり、なんと殆どの技が空中ガード不能なのである。
相手が飛んだ瞬間が狙い目。ダッシュで足元を掻い潜って裏に回り込み、強力な空中コンボを炸裂させてしまおう!
とにかく一発の威力が高過ぎるんじゃねえの?って思うくらいに強い。その代わり隙が大きいので外してしまったら反撃を覚悟。冷静に攻めていこう。

  • カラー
+ ...

略称

方向キー表記はテンキー
超ブレーキ→[超]、簡単ブレーキ→[簡]、壁バウンド→[壁]
回復キャンセル→(回)、ジャンプキャンセル→(JC)

瑞原奥義「風の剣」→風の剣、瑞原奥義「烈の剣」→烈の剣、瑞原奥義「天の剣」→天の剣、瑞原剣技 参の弐・改→参の弐・改
反撃確定→反確
特に表記のない技は上段技。



通常技

補正の少ない立弱
本当、それなり
用途の多い立強
  • 立弱・・・リーチが短い。連打キャンセルできる。2弱で事足りる場面が多い。
  • 立中・・・それなり。低姿勢にも当たる。
  • 立強・・・2段技。低姿勢にも当たる。遠目の跳び込みなら対空として機能しないこともない。

補正の少ない屈弱
リーチの長い屈中
リーチの長い屈強
  • 2弱・・・下段技。低姿勢。連打キャンセルできる。
  • 2中・・・ジャンプキャンセル不可。低姿勢には当たらない。地上で高い位置の牽制技に対抗できる。鍔から先に食らい判定がない(1.00仮)。
  • 2強・・・下段技。先端にやられ判定がなくリーチも長いので牽制技として優秀。

ガードを誘う走弱
風の剣弱からブレーキです
あまりやくにたたない
  • D弱・・・足元をついていても上段技。立弱よりはリーチがある。十八番がなくなり、目押しで立弱・2弱が繋がるようになった(1.00仮)。固め能力の向上かと。
  • D中・・・見た目は立Bと変わらないが補正が強い。
  • D強・・・6強とほぼ同性能。違いは隙が大きく、ヒットガード問わずランスの立中が反確なこと。

空中での割り込みも可
主にコンボの繋ぎの跳中
仰け反りは強めの跳強
  • J弱・・・中段技。めくれないことはないが用途は別。足先の判定が強い。
  • J中・・・中段技。先端にいくほど縦の判定が小さくなる。
  • J強・・・中段技。めくりに使うならこれ。ジャンプキャンセル不可。

特殊技

立中よりは威力大きい
あまりやくにたたない
  • 強柄打ち(6+弱)・・・見た目は立弱。攻撃力は上がっているが、きっちり硬直とやられ判定も伸びている。
  • 氷斬撃(6+強)・・・超ブレーキ以外でキャンセルできない。当てても不利だが反撃を受けるほどでもない。手元から剣先まで武器やられ判定。

必殺技

踏み込みがっ
足りん!
これが
本当の
風の剣だ!
  • 風の剣(236+弱~強)・・・突進技。空中ガード不能。基本的に隙が大きくめり込むと危険。先端近くを当てることで隙を軽減できる(先端ガードだとやや有利になる)。弱は地上ヒット時ダウン。中は地上ヒット時長期ダウン。空中ヒット時は受身不能、追撃可能で見返りが大きい。強は突進したあと吹き飛ばして長期ダウン効果(要2ゲージ)。体力点滅時は吹き飛ばし攻撃が計5hitの多段技になりダメージが上がる。

弱はコンボの締めに
中は対空潰しに
強には無敵あり
コンボの最後にも
  • 空中風の剣(空中で236+弱~強)・・・前方下方向への十文字斬り。弱は低い位置でヒットさせるとダウン。中は自身の手元に攻撃判定がなく、弱より遠くを斬りヒット時長期ダウン。弱と中共に剣閃部分は武器やられ判定。強は無敵ありのヒット時長期ダウン。対空潰しにも使える。最低空で出した風の剣はガード時五分。

相手の攻撃を潰します
強は凄まじい威力
  • 烈の剣(2369+弱~強)・・・飛び道具判定。弱はヒットガード問わず不利。中は計3hitでヒット時ダウン効果(空中受身可能)。ガード時有利でさらに簡単ブレーキ対応。強は出が遅いものの攻撃範囲が広く空中ガード不能、受身不能。黒の波動と同じく画面端だとヒットバック及びノックバック(互いの距離が開く)が発生しない。

中は対地向け
出始めに無敵時間あり
上昇時には判定なし
切り下ろしは中段
弱は対空向け
強天の剣は万能技
一発目はコンボ補正弱いので
壁で空振りさせるとエリアルに
  • 天の剣(623+弱~強)・・・上昇系無敵技。弱は上方向に判定が出るので対空に適している。ヒット時空中受身不能だが補正がキツい。中は上昇切り上げの後地上へ振り下ろす3段技。主に地上での割り込みに使う。1段目はリーチが短く足元にしか判定がないため空振りしやすい。3段目は中段判定の上にガード時の隙が小さく投げでしか反撃できない。強は上昇切り上げ→横方向に吹っ飛ばす2段技。2段目に壁バウンド効果。中と違って2段目は低姿勢でかわせない。ガードしても五分なので反撃するなら1段目の後割り込むか防御テクニックを使う。高い位置の相手に当てると2段目が当たらず追撃が難しくなるが、補正は緩くなる。
  中天の剣は、実は低姿勢になることでかわせるので2弱で空振りさせ着地硬直中に反撃できる。パットンはガード>バスターかアパカ割り込み、マリアは2強かコレダー割り込みで対応できる。さらに[初音(ガードすると当たる)、ライセン、ファネル、殺]は3段目がしゃがみ状態に当たらない。

中は用途の薄い技
強は大量に削ります
  • 黒の波動(214+中~強)・・・前進して飛び道具判定を前方に突き出す。攻撃判定持続時間が少し長い。中は簡単ブレーキ対応、シードの前方に残したまま行動できる。軽量級のみ2強から繋がる。強はキャンセルから出すことができない。ヒット時長期ダウン効果。

ただの飛び道具
  • 光の槍(214+弱)・・・飛び道具。自らはステージ内(画面内ではない)に2つ出せない。要するに画面端を背負った状態で出した光の槍をかわされるとステージから消えるまで次が出せない(時間がかかる)。ランスのやってやれシィル!も同じ。

足元無敵の
下段技
  • 参の弐・改(63214+弱~中)・・・突進して下段を切り払う。弱は発生が早くガード時やや不利。中はガード時五分。接近手段として、また連続技に使える。足元無敵なので下段対策にも。

瑞原最終奥義!
無敵の切り上げ
打撃投げ属性
天に昇ります
天の剣!
  • 瑞原奥義「天の剣」(632146+強)・・・伝家の宝刀。率直に言って強天の剣の上位互換。それ以上でも以下でもない。

強黒の波動で削ります
  • 剣の奥義&魔法の奥義(236+特)・・・0.5ゲージ使用のモード発動。必殺技のガード削り量UP。効果は約15秒。 2弱>中>2強>中参の弐・改>2弱orD弱や、画面端で烈の剣を絡めたD弱>強(2hit)>中烈の剣 (3hit)等、割り込めるものの、両者とも約15秒でパットンの体力を半分減らせる。


その他

  • 中段技・・・J弱、J中、J強、中天の剣(3段目)、強天の剣(2段目)
  • 下段技・・・2弱、2強、参の弐・改
  • 無敵技・・・強風の剣、天の剣、瑞原奥義「天の剣」
  • 空中ガード不能技・・・地上通常技・特殊技、風の剣、奥義烈の剣、天の剣、参の弐・改、瑞原奥義「天の剣」
  • 簡単ブレーキ・・・中黒の波動(波動発生直前)、中烈の剣(拳を打ち付けたとき)
  • 超ブレーキ・・・ダッシュ。あまりうれしい仕様ではない。
  • 防御テクニック・・・受け流し。ガードキャンセル天の剣が強力。
  • ジャンプ・・・最大2回。滞空時間が長く横方向への移動距離が短いのが特徴。
  • バックステップ・・・発生直後に無敵あり。画面端を背負っていれば志津香の立強(炎の矢)がかわせる。
  • 回復・・・回復量は15%程度。全体時間の早くから回復し、硬直は比較的短い。強風の剣や強天の剣後はほぼ安全に回復できる。回復キャンセルは2強(回キ)>D弱が繋がる。
  • 投げ・・・超ブレーキ可能。モード発動の存在でこちらも活きてくる。
  • 空中投げ・・・超ブレーキ可能。
  • 屈状態・・・普通
  • 重さ・・・中量(?)級の連続技が入る。
  • 防御力・・・平均よりやや高め。



コンボ(vs殺)

+ ...

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る