※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:ナルツガイス

略称

方向キー表記はテンキー
弱中強特→ABCD
超ブレーキ→超、簡単ブレーキ→簡、壁バウンド→壁
回復キャンセル→回キ、(JC)→ジャンプキャンセル



使用方法

物語のランス、美樹、ハニーキングをクリア後、模擬戦を一回クリアで使用可能



通常技

  • 立A・・・上段技。武器攻撃でない割にリーチが長い。判定も強い。
  • 立B・・・上段技。攻撃判定の先端までやられ判定がある。
  • 立C・・・上段技。3段技。出掛かりを必殺技でキャンセル可能。指の先までしかやられ判定がない。特徴は何より画面端に追い詰めた状態だとヒットバック及びノックバック(互いの距離が開く)が発生しないこと。ヒット、ガード時は先に動ける(ヒットの方が有利)が、立Aその他は連続ヒットしないほか、アクアシェルにも干渉しない。追記:出掛かりを空振り、ヒット、ガードを問わず必殺技・奥義・伝家の宝刀でキャンセルできる。
  • 屈A・・・下段技。低姿勢の時間は他キャラより長く、引き付けるとランスの炎の矢がかわせるくらい。
  • 屈B・・・下段技。先端部分にやられ判定がない。地上の牽制で振るならコレか。
  • 屈C・・・下段技。振り上げているが上方向に判定が大きいわけでもない。判定も弱め。
  • JA・・・中段技。見た目より横の判定が大きい。下半身無敵(やられ判定が小さくなる)。
  • JB・・・中段技だが、ジャンプ上昇中に出すときのみ上段技。先端が強く、まためくりに使える。
  • JC・・・中段技。攻撃が発生していれば強い。カウンター時地上バウンド(空中受身可)。

特殊技

  • スプラッシュアッパー(相手の攻撃に合わせて6+A)・・・ガードモーションをとれる状況のときに6+Aで出せる。各種キャンセルとブレーキ不可。空中ガード可能。雷の矢をかわせるほど長い上半身無敵がある。カウンター時立Aで追撃できそう。追記:出掛かりを空振り、ヒット、ガードを問わず必殺技・奥義・伝家の宝刀でキャンセルできる。
  • スライドスピア(6+C)・・・リーチの長い(見た目より短い)上段技。杖の先端までやられ判定が前に出る。立Cと同じ性質を持つが、硬直が長いため密着だとヒット・ガード・カウンター問わず反撃を受ける。追記:出掛かりを空振り、ヒット、ガードを問わず必殺技・奥義・伝家の宝刀でキャンセルできる。
  • 地上ダッシュ・・・なし。バックステップもない。
  • 空中ダッシュ・・・1回のジャンプ中に計3回可能。通常技をキャンセルして出すことができる。
  • ハイジャンプ・・・距離と高度が伸びたジャンプ。2段ジャンプはできない。

防御テクニック

  • 防御移動(6または4+D)・・・空中可。入力直後から上段ガードしつつ移動する。終わり際に若干隙があり、通常技を防御移動でキャンセルすることができる。下段技は防げないが、多段技やガード不能技を防ぎガードゲージも削られない。前進中に攻撃を受けとめると、続けて防御移動(前進)が出せる。空中では前進は行動後ジャンプや攻撃が出せるが、後退は着地まで行動不能。
  • 防御返し・・・ガードキャンセルして奥義・伝家の宝刀が出せる。防御移動中は無理。


必殺技

  • アクアフリル(2ため8+A~C)・・・空中ガード不能に加えて防御テクニックで防げない上昇系必殺技。上昇中打撃無敵(投げに無敵かは未確認)。地上ガードした相手を浮かせる効果があり、反撃は受けづらい。Bは高度が頂点のときに簡単ブレーキ対応、追撃できる。

  • アクアシェル(設置弱)(236+A)・・・空中可。特定の技を当てることで変化する水球を設置する。画面上に複数設置することができ、当たり判定のある対象に当たると移動する。徐々に下降していき、約30秒で消滅する(当たり判定のある対象に当たるとカウントリセット)。硬直が解けて最速で次の設置はできない。空中版は少し後ろに跳ねつつ設置し、その後アクアシェル以外の各種行動がとれる(何かしら他の行動を挟めば可能)。なお、水球を派生させた通常技は必殺技でキャンセル、超ブレーキができる。

 -ショット・・・1hitの飛び道具。ヒット時ダウン効果(空中受身可)でカウンター時受身不能。[立A、屈A、JA、Bアクアコート]で水平に、[屈B]で前方30度方向に、[屈C]で真上に、[JC、Aアクアコート]で真下に撃つ。

 -ウェイブ・・・下方30度方向にショット(上記と同じ性能)、地面につくと地面を這いつつ前進する飛び道具になる。ダウン効果はないが、ショットに比べて威力が高く、カウンター時受身不能。[立B、JB]で撃つことができる。

 -パージ・・・水球を破裂させるが攻撃判定はない。現在用途不明。アクアフリルで可能。

 -テンペスト・・・約12秒間画面上に雨を降らせ、その間相手の飛び道具の攻撃判定を無力化する。Cアクアコートで可能。

  • アクアシェル(設置中)(236+B)・・・空中可。弱と比べて全体時間が長いほか、空中版は着地まで行動不能だが、簡単ブレーキ(地上・空中ともに水球発生時)することで行動できる。
空キャンセルEX派生が可能

 -エッジ・・・ショットの強化版。3ヒットで弾も大きい。ヒット時ダウン効果(受身可)。[立A、屈A、JA、Bアクアコート]で水平に、[屈B]で前方30度方向に、[屈C]で真上に、[JC、Aアクアコート]で真下に撃ち、地上で弾ける(受身不能)。

 -スプラッシュ・・・ウェイブの強化版。2ヒットで弾が大きくなりダウン効果(受身可)。[立B、JB]で撃つことができる。

 -パージ・・・水球を破裂させるが攻撃判定はない。現在用途不明。アクアフリルで可能。

 -テンペスト・・・上記弱と同じ。無力化するのは以下の通り。志津香、殺、アリエッタ涙目。
ランス[やってやれシィル!]
初音[小蜘蛛結界]
シード[AorB烈の剣、B黒の波動、光の槍]
ライセン[AorB閃輪断、AorB放輪断]
マリア[2B、ロケットパンチ、チューリップキャノン、グランドチューリップキャノン]
志津香[立C、JC、雷の矢(停滞)、AorBファイヤーレーザー、AorB電磁結界、AorBマジックバリア]
ファネル[AorB闇の刃、AorB闇の雷(飛び道具部分)]
美樹[マジックアロー、叩き付け]
メナド[AorB風の剣(飛び道具部分)]
ハニーキング[ハニーフラッシュ、対空ハニーフラッシュ]
殺[三点バースト、地雷、手榴弾、死ぬがよい(壱式)、発破]
タイガージョー[AorB地竜鳴動撃、AorB鳳凰光翼壁(Bは発生時に1hitするがその後消滅する)]
エスカレイヤー[バインドパルサー]
魔窟堂[薔薇投げ、AorB盧山昇龍覇(発生時に1hitするがその後消滅する)]
アリエッタ[AorBチャージングスター(最後の1hitのみ発生)、おもちゃの兵隊、紙ヒコーキ爆撃]
???[アクアシェル(設置はできるが、テンペスト以外の派生全て無力化)]
特殊キャラ左[236+A~C]
特殊キャラ中央[214+A~C、421+A~C]
特殊キャラ右[236+AorB、41236+AorB]

  • アクアシェル-バースト(236+C)・・・1ゲージ使用、地上・空中ともに無敵時間あり。ガードされると不利だが間合いが離れるため反撃は受けづらい。地上版はヒット時受身不能、壁バウンド効果。空中版は発生がやや遅く、地上バウンド(空中復帰可)効果。

  • アクアジャベリン(空中で623+A~C)・・・発生の早い突進技。ボタンによって受身不能時間とダメージに差がある。なおCの暗転後に無敵はないが、相打ちはとれる。超ブレーキできない。

  • アクアコート(空中で214+A~C)・・・前進しつつ前方を攻撃する。Aは地上バウンド(空中受身可)、Bは壁バウンド効果(空中受身可)、Cは上空バウンド効果(空中受身可)。


  • アクアラナス(21416+C)・・・伝家の宝刀。ガードキャンセルでも出せる当身技。当身に成功するとほぼ画面全体をカバーする水流で攻撃する。空中ガード不能に加えて防御テクニックで防げない。ガードされてもガードゲージを大きく削る(モード発動時でも満タンからガード弾きは起こせない)。長期ダウンで追撃可。非常に強力。

  • セドナの加護(空中で236+D)・・・0.5ゲージ使用のモード発動。ガード根性ゲージを削る量がUP。例えば画面端にて立C(3hit)が通常15発でガードゲージ点滅のところ、8発でガード崩しが発生する。持続時間は約10秒で、次回発動に要する時間は一瞬。


その他

  • 中段技・・・JA、JB(ジャンプ上昇中は上段)、JC
  • 下段技・・・2A、2B、2C
  • 無敵技・・・アクアフリル(上昇中無敵)、Cアクアシェル(空中版も)、Cアクアジャベリン(暗転まで無敵で相打ち可)、Cアクアコート、アクアラナス
  • 空中ガード不能技・・・立C除く地上通常技、スライドスピア、アクアフリル、アクアラナス
  • 簡単ブレーキ・・・Bアクアフリル(高度が頂点のとき。比較的易しい)、アクアシェル(空地ともに水球発生時)
  • 超ブレーキ・・・ノーマル
  • 回復・・・触れている間徐々に回復していく水球を前方80度方向に出し、一定の高さまで上昇すると消滅する。画面上に複数出せる。水球は相手が攻撃(飛び道具除く)を当てるたびに小さくなり、3発で消滅する。回復量は少なく安定しないが発生時の全体動作は短い。前方ダッシュ、後方ダッシュ、2段ジャンプ、モード発動、空中アクアシェルを使うことで回復量を伸ばせる。回復キャンセルは連続技が成立するほどではない。
  • 投げ・・・画面端だと立Aや屈Aで追撃できる。
  • 空中投げ・・・投げ間合い広め?
  • 屈状態・・・横のやられ判定は狭い(アリアのDA>J2Bが当たらない)。
  • 重さ・・・軽量級の連続技が入る(初音のA八神の爪>DB>B八神の爪等)。空中のやられ判定は小さい。
  • 根性値・・・おそらく全キャラで一番低い。基本防御力は低くないので、実戦ではエスカレイヤー、メナドと同じくらいの硬さ。



コンボ(vs殺)

① JC>空中ダッシュJB>2A>2B>JB 12.72
② Bアクアフリル[簡]>Bアクアジャベリン>2C>JC>Aアクアコート[地]>A>JA>JB>Bアクアコート 12.87
③ 2A>2B>Bアクアジャベリン>2A>2C>JB>Bアクアコート 23.51
④ 2A>2B>Bアクアジャベリン>2A>2C>JB>Aアクアジャベリン>(2段ジャンプ)JB>JC>Aアクアコート[地]>A>JA>JB>Bアクアコート 28.79

 ①JCからJBが繋がる。立Bと屈BからJBが繋がる。
 ②フリルの簡単ブレーキから追撃できる。
 ③Bジャベリンは座高の低いキャラには当たらない。
 ④上が発展した形。ジャベリンから追撃でき、Aコートの地上バウンドを立Aで拾う。2Bからのジャベリンの入力は8623+Bで出る。Aジャベリンは最速で出すと空中ダッシュに化けやすい。Aジャベリン前のJBはJCに、2段ジャンプJB>JCは着地して立Bも繋がるが、前者は届かない場合があり、後者は高度による。通常技のダメージが全体的に低いので、必殺技を絡めないとダメージは伸びない。

以下全て画面端限定。

  • C(3hit)>Bアクアシェル[簡]>A(アクアシェル弾く)>(アクアシェル-エッジ3hit)>B~

 コレが繋がる。しかしダメージがうまくない。ダメージがとれないなら状況有利にしたい。

  • C(3hit)>Bアクアシェル>アクアシェル-バースト(受身不能)>起き上がりにJC>空中ダッシュ(アクアシェル-エッジ(2hit))

 バーストで受身不能にしてシェルを設置、JCで起き上がりにエッジ(真下)を重ねてダッシュキャンセル、中下段二択を迫る。ただ1ゲージ使うにはダメージが低い。次に注目したのは地上で弾ける部分を当てると受身不能なアクアシェル-エッジ(真下)。

  • C(3hit)>Bアクアシェル[簡]>2C>JC(ヒットしつつアクアシェル弾く)>アクアシェル-エッジ(2hit)
 Bアクアシェル設置>JC(アクアシェル弾く)>空中ダッシュ(アクアシェル-エッジ(2hit))
パットン限定なこと。

  • C(3hit)>Bアクアシェル[簡]>2A>2C>Bアクアジャベリン>2C>JC(ヒットしつつアクアシェル弾く)>(アクアシェル-エッジ)>Aアクアコート>(アクアシェル-エッジの地上部分ヒット) 26.98
 >2C>Aアクアジャベリン>2C>Bアクアコート[壁]>2C>JC>空中ダッシュor防御移動後受身狩り 30.12

 殺にも当たる改良版。浮きすぎてエッジ(真下)の地上部分が当たらないのをAコートでフォローして当てる。簡単ブレーキからは2Cがダメージ的に望ましい(3ダメージほど上がる)がシビア。落ちてきたところを引き付けて2Cで拾う。ダウンがとれないので最後は空中投げを狙ってみる。

  • アクアシェル-エッジ(真下)(2hit)>2C>Aアクアジャベリン>2C>Bアクアコート[壁] 31.37
 [超]>Bアクアジャベリン>2C>Aアクアジャベリン>2C>JB>JC(JC)>JB>JC>Bアクアコート[壁] 44.34

 超ブレーキを残しているのでダメージを伸ばしてみる。いきなりエッジから始まっているのは単純にコンボ精度が低くて試行錯誤する場面まで進みづらいから。上記のコンボの派生と考えばダメージの参考にはなる。当初はAジャベリン>2C>Aコート[地]>2Cも入っていたが、2Cが入りづらい&ダメージがそう伸びない。