※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 特徴
オタクの鉄人、魔窟堂野武彦。
異次元へと旅する芸を身につけた彼は、そのオタク心を満足させるため新たな世界に旅立つ!
そしてそこは美少女(一部親父含む)溢れる世界だったのだ。
今、魔窟堂のオタク心は萌え上がる!

  • キャラクタースタイル
見た目のとおり?癖のある技が多く、かなりトリッキーな立ち回りを要求されるキャラ。ガード不能技が多く相手を揺さぶっていける
牽制が長い中、2中を主軸に振ってHIT確認2強から華山獄握爪に繋げて地上受身狩りにもっていく
おもむろに中距離で加速装置を使って間合いをつめてコマ投げにいって揺さぶっていくのも強い。
J2中(ドリル)も判定が強いので遠距離から攻撃しつつ近づきたい時はこれ。ガードされてたらキャンセル加速装置等でフォロー出来るの美味しい
近づいたら魔窟の豊富なガード不能コマ投げ、稲妻空烈刃を使って崩していく。
魔窟のコマ投げはやや癖があり、弱:近距離、中:3歩離れたくらい 強:2~3キャラ分くらいと間合いがそれぞれ違うのでしっかり把握しておく事
強のコマ投げはありえない位置から吸うので、これを嫌がって飛ぶ相手に空対空をしかけていこう。
また6弱>強稲妻空烈刃の連携はかなり凶悪。強稲妻空烈刃に1発だけ耐えられるアーマーがついてるのでゲージはこれに回すのがいいかもしれない
とにもかくもコンボは簡単だが、立ち回りの回復キャンセルがほぼ必須(やらないと単調になってしまう)なキャラなので難しいかもしれない。
ネタ殺しが豊富なキャラなので相手を分からん殺ししたい人は是非使ってみてほしい。

  • カラー
+ ...



補足説明

方向キー表記はテンキー。
特に表記のない技は上段技。
D→ダッシュ、J→ジャンプ
低姿勢→座高より姿勢が低くなる技のこと。立ち技をかわすことができたりする。
ガード不能→通常のガードで防ぐことができない。回避するか、防御テクニックか、無敵技で対応する。
相殺→食らい判定に当たらず、武器やられ判定同士が衝突するとき起こる現象。
CH→カウンターヒットの略。JC→ジャンプキャンセルの略。
反確→反撃確定の略。

連続技の項では超ブレーキ、簡単ブレーキ、壁バウンド、回復フェイントをそれぞれ[超]、[簡]、[壁]、(回)と表記。



通常技


立弱
立中(1枚目)
立中(2枚目)
立強
  • 立弱・・・下段技。判定自体はやや物足りない。
  • 立中・・・1枚目の先端まで武器やられ判定で、2枚目とのリーチ差の部分に食らい判定がない。ガードされても投げ以外での反撃は受けず、ライセンが素手のときのしゃがみガード時のみ空振りする。
  • 立強・・・対空に適している。立強>加速装置はガード時やや有利。CH時は空中受身不能なので地上戦では加速装置に繋ぐのが有効。

2弱
2中
2強
  • 2弱・・・上段技。ガードさせて五分。ライセンの2中(素手時だと2強)のような足払いを潰す攻撃や、地面を這うような足払いの両方に強い。
  • 2中・・・低姿勢。先端でも2強が繋がり、色々な技をかわしつつ攻撃できるので、置いておく感じで出すのが有効。
  • 2強・・・ドリル下段技。攻撃が発生してしまえば飛行する飛び道具をかわしつつ攻撃できる。回復フェイントやモード発動すればガード時は有利。

D弱
D中(1段目)
D中(2段目)
D強
  • D弱・・・中段技。デビルリバース。ガードされても有利で、CH時は空中受身不能で着地から追撃できる。
  • D中・・・ボディーブロー、振り下ろしパンチの2段技で、2段目が中段技。主に1段目は空振りさせて2段目の中段を当てにいく。2段目CH時は地上バウンド。
  • D強・・・突進しつつ10hit分パンチ連打。胴体まで食らい判定がなく、横方向での押しに重宝する。ガードされるとやや不利だが、間合いが離れるため反撃は受けづらい。

J弱
J中
J強
  • J弱・・・中段技。全体動作が短いので振りやすい。しかしぶっちゃけ弱い。
  • J中・・・中段技。横方向の食らい判定が小さいので空対空の牽制に強い。
  • J強・・・中段技。攻撃範囲が広いのが特長。攻撃判定から食らい判定が遠いので、武器を持った相手なら上から押さえ込める。


特殊技


薔薇投げ
ドリルキック
  • 薔薇投げ(6+弱)・・・ダッドリーの薔薇投げでなんと中段技。相手の位置に向けて投げ、端同士だと届かない。薔薇は攻撃を合わせることで潰すことができる。空振りキャンセル可。
  • ドリルキック(空中で2+中~強)・・・画像の左が中で、右が強。残念ながら上段技。中は攻撃判定が強く攻め込むのに利用でき、強はガード時高度問わず有利で、ヒット時は立中が繋がったりするため固めに利用できる。


必殺技


加速装置
  • 加速装置(236+弱~強)・・・前方に高速移動する技。空中可。弱と中は移動中打撃無敵で強は発生から全身無敵。空中版の移動後ジャンプ以外の行動可。空中版の中は簡単ブレーキ対応、こちらはジャンプも可。空中加速装置で裏にまわっても相手の方を向いてくれない。

盧山昇龍覇
  • 盧山昇龍覇(2ため8+弱~強)・・・龍星座の紫龍。竜巻をまとったアッパーカット。アッパー部分は空中ガード不能。横へのリーチは短いものの、竜巻は縦の射程が最大で跳び越せない飛び道具。弱は無敵がないものの発生保障があり、中は簡単ブレーキ対応で無敵ありの各2hit技。強は自分を中心にして広範囲に竜巻が発生する多段技で、(頭上付近が最もヒット数が多くなる)離れているとダメージが落ちる。

稲妻空烈刃(1段目)
稲妻空烈刃(2段目)
  • 稲妻空烈刃(623+弱~強)・・・ガード不能技。移動や発生はやや遅いものの、高度がピークに達してからは先端(下半身)の食らい判定がなくなる。さらに強は移動中飛行する飛び道具がかわせる上に、1hitだけ耐えるアーマー効果がつき、追撃しやすくなる。中は攻撃判定発生直前に簡単ブレーキ対応。強は1hitだけ耐えるアーマー効果がつく。技の後半にヒットさせると追撃しやすくなる。

喧嘩ボンバー(弱)
加速装置(中)
加速装置(強)
  • 喧嘩ボンバー(丁度良い間合いで63214+弱~強)・・・クロスボンバー!1F発生の投げ技。ボタンで投げ間合いに違いがあり、逆に近すぎても間合い外となる。中は長期ダウンなので起き上がりが攻めやすい。強は体力点滅時の演出が変わり、ダメージがごくわずか上昇する。

華山獄握爪(弱)
華山獄握爪(中)
華山獄握爪(強)
  • 華山獄握爪(4ため6+弱~強)・・・弱は画面半分ほど、中は4分の3ほど進むロック系突進技で、弱はガードされても隙が小さく、中は隙が大きくなるが判定が強い。強はバックステップ(暗転まで無敵)のあと端から端までの突進技、計5hit。空中可。空中受身不能なので超ブレーキすれば追撃できる。弱と中の最大の特長は攻撃に耐えるアーマーを無効化できること。パットンのモード発動中だろうがランスアタックだろうが一方的に潰すことができる。

伝家の宝刀
ageて・・・
sageる
  • 爆猿皇フットスタンプ(弱弱2中強)・・・爆猿皇を呼び出して踏みつける。距離が近いと一段目の手ぬぐい(空中ガード不能)から連続ヒット。爆猿皇は空中ガード可能だが、攻撃範囲が広くガード根性ゲージを約半分削るのが特長。実は方向キーは初めから入れっぱなしでもかまわないので、前を押しっぱなししながら弱、そして弱中強の順にボタンをこすれば出る。むしろこちらの方が出やすい気も。他に気をつける点は弱弱をしっかり入力すること。


モード発動
  • 魔窟堂時空(236+特殊)・・・ゲージ不要のモード発動。連続技のダメージが少し上昇。3つまでストックができ、ストックが切れると次に使用可能になるまで約1秒。モード発動動作中に潰されてもストックはされる。殺相手に爆猿皇フットスタンプが55.48から60.48に。


その他


  • 中段技・・・J弱、J中、J強、D弱、D中(2段目)、6弱
  • 下段技・・・立弱、2強
  • 無敵技・・・加速装置、盧山昇龍覇(弱除く)、強華山獄握爪(バックステップ時)、爆猿皇フットスタンプ
  • 空中ガード不能技・・・D弱、D強(9hit目まで)除く地上通常技、盧山昇龍覇(アッパー部分)、稲妻空烈刃、爆猿皇フットスタンプ(1段目)
  • 簡単ブレーキ・・・中加速装置(移動終わり)、中盧山昇龍覇(拳を突き上げたとき)、中稲妻空烈刃(攻撃判定発生直前)
  • 超ブレーキ・・・ダッシュ。
  • ジャンプ・・・最大2回。飛距離が短い。
  • バックステップ・・・発生時から空中判定。無敵はない。
  • 回復・・・回復量は25%程度。1hit耐えるアーマーつき。全体時間はそんなに長くないがモーションでバレバレ。弾幕になりうる手段もない。徐々に回復することと1hit分耐えることを利用して、遠距離の飛び道具に合わせれば差し引きで得をするという手も。
  • 投げ・・・その場で踏みつける。空中受身可能。超ブレーキできる。
  • 空中投げ・・・受身不能で超ブレーキ不可。ダメージが高い。
  • 屈状態・・・低め。
  • 重さ・・・中量(?)級の連続技が入る。
  • 防御力・・・平均より高い。


  • 簡単ブレーキ
中華山獄握爪:腕を上げ竜巻を出す瞬間
空中中加速装置:移動の途中部分
中稲妻空烈刃:1HIT目の攻撃判定が出る直前。相手に攻撃が当たる前



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る