世界が変わる、その日まで


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー


昔、とある人が言っていました。
"世界は、誰のものでもない。誰もが、世界を変える権利を持っている。
けれど世界を変えるには、まず自分が変わらなければならない"、と。

私は今、変わった世界に生きています。
けれど時々思うのです。
"世界を変えたその人は、どんな風に変わったのだろう"、と。

…あなたが良いのなら、どうか私に少しだけ時間をください。
あなたにとっては"生きる今"の裏側。
私にとっては少し懐かしい、在りし日の世界の姿を語りましょう。

世界から取り残された、旧世界の忘れもの。
――この、セリア・オルコットの言葉で。


登場人物